これからをどう生きたいか。【大和市 K様邸】

少々大きなタイトルとなっていますが(笑)、春分の日も迎えたので少しおおげさに。。。

昨年よりご依頼をいただいておりましたK様。

お家が工務店をされているので、内装材などのセレクトをsuzukuriにてお手伝いをさせていただき、ご自身でリフォームなどもすべて終了し、オーダーいただいた家具などを無事に納めさせていただきましたので、先週、伺ってまいりました。

施工写真の撮影のためにカメラマンとともに。

そして今回はHowScopeさんの取材をお受けしているので、そのご協力もK様にお願いしておりました。

 

完成したお部屋はこんな感じに。(*カメラマンの写真ではありません。私のiPhoneにて)

 

 

壁紙はK様の雰囲気にぴったりなウィリアム・モリスの新作「ピュア・モリス(PURE MORRIS)」をセレクト。

 

悩ましかった和室の雰囲気を持つ柱やその色にもぴったり合いました。

イメージ通り!!

家具はチェストとデスク、ミラーを山形の工場でゼロからサイズオーダー。

こちらの色は赤味が強いかな、と少し迷いましたが、さすが毎日お部屋で過ごされているK様の好みに間違いはなく、こちらもしっくりと馴染みました。

・ナチュラルな子供っぽいインテリアは嫌かな。

・和室でも合う雰囲気にしたいわ。

・派手なものやモダンすぎるのも落ち着かないの。

ご提案する前にとてもわかりやすく、お好みを言ってくださるK様に感謝です。

取材の中でK様が、おっしゃられていたことにとても共感いたしました。

「この歳になると、老後への準備やいろいろで自分の部屋にお金をかけるなんて、と思う人もいるかもしれないけれど、私は今回のリフォームを、今、実行して良かったと思うの。毎日、ここで過ごす時間がワクワクと楽しみになりました。」とお話しされていました。(K様は60代の奥様です。)

家具などすべて納品されたときには、ご自身で選ばれた回転するドレッサーの椅子に座り、

「嬉しくて嬉しくて、クルクル、クルクルっと廻ってしまったわー。」とK様。

お部屋がリフレッシュされると気分も上がります。

壁紙を変えるだけでも、それは一つの壁だけを変えるアクセントクロスだけでも違ってくるのです。

これまでは寝るだけのための寝室だったそうですが、ここで過ごす時間も長くなりそうです。

人それぞれ、テンションが上がるポイントは異なりますが 、明日の活力につながるような部屋づくり、住む方がしっくりとくるインテリアのセレクト、私はどんどん応援したいです。

K様もブログに書いてくださっていました。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

クボタ住建「棟梁のお家訪問」

スタートしたときの様子はこちらからも。

 

ビフォーアフターは、HowScopeさんの記事とともに、また掲載させていただきますね。

 

~*~アクセントクロスや壁面デザイン・壁面収納はすずくりへ。下記よりご依頼お待ちしております。~*~

http://www.suzukuri-k.com/

収納量は足りていると思うのですが・・。

先日、ホームページからお問合せをいただきました豊島区S様。

「収納量については足りていると思うのですけれど、それが片づけやすい・暮らしやすいにつながっているのか不安になりご連絡いたしました。」とお問い合わせをいただきました。

来年、新築戸建が完成するご予定で、まさに今、図面が確定されようとしていらっしゃるタイミングです。

ご相談内容をおうかがいし「収納コンサルティング」のご依頼をいただきました。

事前に図面をいただき検証してみると、とても収納量も多く、中に入れられるご予定のモノもしっかり、建築士の方が図面に書き込まれていらっしゃいました。

今回は、私はあまり必要ではないかしら?と一見図面を拝見してそのように思いましたが、解読して、実生活に落とし込んでいくとやはり気になるところが少しずつ見えてきます。

事前に間取りと図面の検証をしてから、ご自宅にお伺いしてモノの量を把握させていただき、現在お困りな点や生活のクセのようなものを確認させていただきます。

ご自宅にお伺いする際には必ず「来客だから、と片づけたりせずに、日常のままを見させてくださいね。」とお伝えします。

そのほうが効果が高まります。

 

 

各部屋を見させていただき、再度間取り図面と立面図を拝見しながら、主には以下のようなことをご提案させていただきました。

 

◇実際に棚から荷物を下ろすときにそのスペースが足りているかどうか。

◇細長い収納庫にどのようにモノを納めるか。その中で重いものを持つときの体勢がどうなるか。

◇奥行のあるものを置くことを想定している棚、目的のもの以外はどのようにしたら収納しやすくなるか。

◇家具の配置に伴う配線の想定

◇ゴミ箱の位置

◇壁面収納の奥行

◇WICの使い方のご相談

◇クローゼット上部棚の奥行

などなど・・・。

 

奥様も収納庫内の棚の使い方のご提案には、「そのような考え方もあるのですね!目からウロコです~~~」ととても喜んでくださいました。

とても収納量も多く、デザイン性も高いお家。

あと少しのコツを足すとさらに住みやすく、

住んでから「こうしておけばよかった」ではなく⇒「こうしておいてよかった!!」と後悔のない愛着の湧く家になります!

 

間取りの収納検証や収納コンサルティング、ご相談はこちらからどうぞ。

http://www.suzukuri-k.com/

 

 

 

 

ビフォー&アフター 【目黒区O様邸】

先月、リフォームが完了しましたO様宅にて、カメラマンの方に依頼をして撮影に入らせていただきました。

とても素敵に撮影いただいたので、施工させていただいた箇所を記録としてこちらにも残しておきたいと思います。

 

【リビング】

 

↓↓↓

 

ご依頼のきっかけとなる最大のお悩みであった換気扇はマリメッコの壁紙を貼ったパネルの裏に。

エコカラットと棚を組み合わせて、通気を確保しつつ、いつでも目隠しができるようにしました。

 

 

【窓周り】

↓↓↓

カーテンをシェードにするだけでも、とても軽やかになりました。

 

【寝室】

  ↓↓↓

 

【トイレ】

↓↓↓

比べるとその違いが明確ですね・・・。

 

【玄関三和土】

↓↓↓

 

O様からのご感想もいただきました。

「暮らしていて『ちょっと気になる』ところが改善されて本当に良かったと思います。

リビングのエコカラットと棚の設置は自分では絶対に思いつかなかったですし、カーテンからシェードに変えてすっきりとしてとても良かったと思っています。

当初の予算よりオーバーしましたが、仕上がりにはとても満足しています!」

 

他にも網戸を取り付けたり、キッチンパネルを新しく入れたり、ソフト巾木を木の巾木に変えたり、ドアやドアノブを交換したり、と細かな部分も美しくなりました。

お写真からも見てとれるとおり、とてもホームステージングされましたね!!

O様、ありがとうございました!

 

suzukuriでお願いしているカメラマンさんもとても好評をいただいております。

ホームページや施工写真は3名の方々に撮影いただいています。

お好みの雰囲気のお写真がございましたら、ご紹介もさせていただいておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

~*~片付く間取りと収納家具、収納コンサルティング・壁面収納・ホームステージングは下記からご依頼ください。~*~

http://www.suzukuri-k.com/

 

オフィスの改装【代々木上原】

三月になり、なんとなく春めいてきましたね。

桜の開花予想も発表され、待ち遠しいです。

 

先日、世田谷区U様よりご連絡をいただき、所有されているオフィスを英会話やセミナーなどもできるようなレンタルスペースとしてサロンへと改装をしたいとご依頼をいただきました。

施工されるリフォーム会社は決まっていらしたので、内装材セレクトなどのアドバイスが中心です。

具体的な内容は

▪️全体のレイアウトのご相談

▪️お手持ちの家具を有効利用して配置

▪️壁紙や床材などのセレクト

▪️小物の買出し(トイレ用品やカフェグッズ、ディスプレイするもの、など)

▪️リフォーム後の収納サポート

ライフステージの変化のたびにご依頼をいただくU様、幼い頃からロイヤルコペンハーゲンが大好きでコレクターでもあり、お家のインテリアもとてもこだわっていらっしゃいます。

すでに好みのテイストなどは把握しているので、ご提案もとてもスムーズでした。

全体のイメージは白、ブルーをメインに、コペンハーゲンの食器も少し飾りたいので、メインに装飾ができるディスプレイ棚も欲しい、とのご希望でした。

 

全体的なカラーバランスはこのようなイメージで。

 

 

棚受けやサインはこんな感じに。

 



 

オフィスとのバランスは難しい面もありましたが、基本的なカラーに加えて、ところどころにアンティークゴールドを散りばめながらシックな落ち着きのある空間に仕上げます。

今回は新たな間仕切り壁を設置しましたので、その壁をペイントしたり、シェルフを設けて飾ったりとできる場所になる予定です。

ペンキも養生から始め、4時間で塗り終わり。


買物同行もご依頼いただき、一緒に設置する棚にディスプレイするものなどを選び、そろそろ完成です。

また、完成しましたらこちらで。

 

~*~片付く間取りと収納家具、収納コンサルティング・壁面デザインは下記からご相談ください~*~

http://www.suzukuri-k.com/

 

この収納で大丈夫か不安?

インテリアに関すること、収納に関すること、壁面に関わること、suzukuriにいただくお問合せはさまざまです。

最近、3件ほどいただきましたお問合せ事例を参考までに書かせていただきますね。

 

▪️S様のお問合せ

S様は二年前のお引越しの際にご依頼をいただいてからのお付き合いです。

今回は新しいお引越し先の造作家具についてお問合せをいただきました。

造作家具は近所のリフォーム屋さんにご依頼をされていらして、でもその造作が適正かどうかみて欲しい、ということで「収納カウンセリング」のご依頼をいただきました。

造作家具の棚板の使い方や、収納量についてアドバイスをさせていただくと、リフォーム会社さまとの打合せにも同席してほしい、とのご依頼もいただき、図面への変更箇所など、一緒に打合せを進めさせていただいています。

 

▪️T様のお問合せ

T様はホームページでsuzukuriを見つけてくださり、初めてのお問合せです。

新築の住まいの図面が完成しつつあるのですが、果たしてその収納が適正かどうか、図面を見てほしい、と「収納コンサルティング」のお問い合わせでした。

まずはお家を拝見させていただくか、お家を見られることがイヤな場合はご指定のカフェなどで図面を拝見いたします。

T様は3月にお会いすることになりましたので、どのようなお住まいの図面か拝見することが楽しみです。
▪️U様のお問合せ

U様は所有されているオフィスをリフォームされるとのことで、「インテリア」&「収納コンサルティング」のご依頼をいただきました。

すでに5年目のお付き合いになりますが、お住まいのマンションは昨年リフォームしたばかり。その際にも「収納コンサルティング」のご依頼いただき、持ち物の量に合わせた収納のアドバイスをさせていただきました。

クローゼットや収納庫がとても使いやすくなられたようです。

今回はオフィスをサロンにされるという改装のご相談ですが、リフォーム会社様はすでに入られていて、内装材やちょっとした収納にはこだわりたいとご相談をいただいております。

 

新築やリフォームの際、「住まいづくりのセカンドオピニオン」として、収納やインテリア視点でのひとつの目を加えることはとても有効的なことと感じます。

 

家はよく「3回建てないと満足する家にならない」といいますが、そんなに建てられる人はわずかではないでしょうか。

新築やリフォームの際は夢や憧れが先行します。

お庭でBBQができるようにしたい。

パーティーなどで人がたくさん呼べる家にしたい。

音楽の演奏会ができる家にしたい。などなど。。。

それもとても大切で重要なのですが、その夢を快適に実現させるためには、やはり伴うモノの量や収納の場所を考慮することが必要と考えます。
一人でも多くの専門家の目で、チェックができると後悔のない家になるのではないかと思います。

ジャンルを越えた専門家同士の横のつながりももっともっとできていくといいですね。

 

どうぞお気軽にお問合せくださいませ。