【F&B施工事例】横浜山手のオフィスリノベーション

朝晩、だいぶ涼しくなりました。今年の夏も暑かった。。。ようやく今年の夏も終わりの気配で少しホっとしています。
連続でお届けしているfarrow&ball(ファローアンドボール)ペイントの施工事例、今回は横浜山手のオフィスリノベーションで使用した2色をご紹介します。

元は美容室だった築47年の物件。リノベーションは思っていた以上に困難が待ち受け、特に床・壁・天井のゆがみがとても悩ましい物件でした。
施工の様子はこちらからどうぞ
・・・山手オフィス&店舗のリノベーション

施主である4REAL DESIGNさんのブログはこちらから。
・・・オフィス施工の様子(1)
・・・オフィス施工の様子(2)

どこでFarrow&Ball(ファローアンドボール)さんのペンキを使用したかというと、トイレとオフィス側の壁面。

自然の質感に合うネイビー

トイレは床のモルタルと少しだけニュアンスで加える予定だったナチュラルな木の質感に合わせてネイビーをセレクトしました。正面の壁に使用した色は「#281 STIFFKEY BLUE」、黒っぽい青色で、イギリスのスチューキー海岸(Stiffkey)で見られる泥や貝の独特なブルーの色あいをイメージして名付けられたそうです。塗ってみるとサンプルよりさらに深みのあるネイビーです。

まっすぐな木の棚を取り付けるのも大工さん泣かせな壁でした。しかもコーナーをトメで決めたい!なんていう私の案でより大変なことになっていたようです。
トイレ内は収納をどのようにするか、トイレットペーパーのストックを置くにも壁幅が悩ましい。。。
ということで、カウンターを2段にして数個は置けるスペースを確保しました。
もちろん、正面の棚でもいいのですけど、真正面に見えるのは美しくないですし、ここはディスプレイスペースにしたかったのですよね~。

オフィスには目に優しい色使い

オフィス側の壁面はこんな感じに。発売されたばかりの新色を取り入れました。使用した色は「#295 SULKING ROOM PINK」、落ち着いたこのピンク色は「貴婦人の私室で使用される色」をイメージされているそう。

いくつかサンプルを取り寄せましたが、左奥に見えるグレイッシュな壁との相性を確認して、少しローズ系のピンク色に。目にも優しい色なので青白い画面のPC作業で疲れたときにもボ~~~っとこの壁を見つめてみてもいいかもしれませんね。

色決めの際の参考になりましたら幸いです。実際に塗った色を確認したいときには是非オフィスを訪れてみてくださいね。OnlineShop「pomme befarma」の商品もご覧いただけます。(不在のこともありますので、お電話してからどうぞ。)


4REAL DESIGN(株式会社A-mos)

神奈川県横浜市中区大和町1-2
TEL:045-263-9318

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA