初めてのグランピング体験

ゴールデンウィークに初めてグランピングを体験してきました。今どきな施設がたくさんできていて、選ぶのも大変なくらいです。何かの参考になりましたら。

予定が入らないとなかなか休まないオット(住宅設備業の職人さん)、もちろんゴールデンウィークも現場は動いているので無理矢理にでも出かける先を作らないと休まないのです。
そして、休祝日の宿は最低でも1ヶ月前ぐらいに予約しないとならないのですよ、ということをいまひとつ理解してくれていないので(ブログを継続してお読みいただいている方はご存知とは思いますが、オットはイラン人です。)、前もって予約しても仕事を入れてしまったり、そんな先の予定はわからない、と言われてしまったりします。これまで何度直前キャンセルをしたことか・・・。
おへそも曲げず、やさぐれず(笑)、4月初めの頃に予約しておきましたらやっと。。。(泣)予定通りに宿泊が実現しました。いや、この時点でどこのグランピングはどこもいっぱいでした。
2日間とも快晴に恵まれてテンションも上がります!!

ときたまひみつきち_COMORIVER

予約していたグランピングは埼玉県にある「ときたまひみつきち COMORIVER」
「手ぶらでBBQ付き」プランです。グランピングテントかグランピングキャビンか、を選ぶことができて、本当に手ぶらで行ってもまったくもって大丈夫な施設でした。

*サイトよりお借りしています。

図の通り、いい形に川に面していて、テントギリギリまで車で入れるので安心感があります。荷物も下ろしやすいですしね。

イランではびっくりするぐらいどこでも火を焚きます。どの家庭にも炭が常備されていて、屋上でのBBQはもちろん、別荘などに行くとすぐに薪として燃やすのに最適な木々を集め、ケバブをするための場所を確保します。
こちらの施設も炭と薪の用意があり、焚き火ができます。薪割り体験もできるようで、来場した子供たちが楽しんでいました。
そんな光景の中でゆっくりと、日々追われることから離れ、忘れて頭を空っぽにしてほしいなあ〜〜という気持ちもあり、こちらを選びました。

自然たっぷり、川の音、鳥のさえずり、夜は虫の声、炎の揺らぎ。なんとも贅沢な時間でした。片付けも何もしなくていいというのも本当にありがたい!笑。

内装はこんな感じ。

タオルや歯ブラシなどのアメニティ、部屋着、ドライヤー、電源、なんでも揃っていました。川遊びをされたい方は短パンやビーチサンダルなどを持参してもいいかもしれませんね。

リストにはなかったのですが、ハンモックも借りることができました。実は夢のハンモック、初めての体験でした。いつまででもここにいられそうな感じ。

夜の景色はこんな感じに。

BBQは肉・魚、ピザ、サイドメニューにサラダ、最後にマシュマロまでついています。足りないというコメントも見ましたが、十分でした。
それにしても、炎の揺らぎはなぜこんなに心を癒すのでしょうね。ゆったりした時間、ずっと見ていられます。

朝食はコーヒー、パン、豆乳スープ、ソーセージ、フルーツなどが用意されています。炭をとっておいて、パンとソーセージをグリルしました。

チェックアウト後は近くの玉川温泉へ。無料チケット付きなので寄ってみました。昭和レトロをウリにしていて、館内は徹底した昭和感です。入口にはサザエさんの家のような物干し、なんだかリアルですよね。。。笑。
こちらもレンタルタオルがついていたので、本当に手ぶら旅。

久しぶりに一緒に2連休を取ることができて、満喫できました。焚き火ができるグランピングはやみつきになりそうです。連休の渋滞が気になりましたが、時には巻き込まれながらも車中で同じ方向を見ながら話す時間は大切ですね。日常の繰り返しの中ではじっくりと話せていないことや感じていること、お互いに語り合うことができました。渋滞時間もいい思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA