造作家具とアクセントクロス【ベッドルーム_1】N邸

先週は金沢へ。終了予定でしたが、残工事が少しだけあり連休前に完成予定です。少しずつアップしていますが、今日はベッドルームを。
前回の記事はこちら。
造作家具とアクセントクロス【SOHO】N邸

図面はこちら。①と⑦の造作家具、そしてヘッドボード上部と①の造作家具コーナー部分のドレッサーの前にアクセントクロスを入れました。

①の造作家具はこんな感じに。

suzukuriホームページのトップ画像↓の雰囲気を気に入ってくださり、ご依頼いただきました。色味もそのままに。

https://www.suzukuri-k.com/

仕上がりはこのような感じで。(まだ最終の取っ手は付いていません。)照明の関係で少しグレーに見えますが、同じ色なのです。

梁下がちょうど奥行き600mmとクローゼット設置に適した寸法でした。迷いなくこの位置を全面クローゼットに。畳む衣類も収納できるように反面は引出収納を組み込みました。

デットスペースになりがちなコーナーはオープン収納にして機能的に使いやすく、パっと取り出したいものはすぐに取り出せるようにしておきます。
棚板の奥行きはきっちり奥行きに合わせると奥がとても使いにくいことになるので、D350mmにおさえました。この寸法、住んでからこの棚板サイズの大切さがジワジワとわかるかと思います。

コーナーの横にはドレッサーを。こちらの正面にもアクセントクロスを施工し、ベッドのヘッドボードと同じ柄を繰り返しました。三面鏡を置かれる予定です。ダウンライトは必要?と思いましたが、上からの照明は顔に影を作りますのでやめておき、卓上に2口コンセントを用意しておいて、状況に合わせて設置していただくことに。するとN様、「真実の鏡」を用意されていました!

真実の鏡、すごい。

ご存知ですか?「真実の鏡」、ハイクラスのホテルには置いてあるようです。片面は普通、片面には歪まない5倍拡大鏡が付いているのです。。。しかもLED照明がクルっと付いているてとても明るい。実際に自分の顔を見させていただきましたが・・・まさに、これが真実。。。目を覆いたくなるような真実がそこにありました。笑!お化粧するときに必須かも、、、きっと買ってしまう、私。

話は逸れましたが、ベッド側についてはまた次回につづきます。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA