プロの方対象の収納セミナー

先日、タチカワブラインド様からのご依頼で、全国展開されるN社のリフォーム部門の方々に向けたセミナーを開催いたしました。これまでハウスメーカー、マンションデベロッパー様からのご依頼でセミナーを多く開催してまいりましたが、

いつもお伝えするその先はエンドユーザー様になりますので、「片付け」のノウハウや基本的な収納の考え方についてお伝えすることが直接的でわかりやすく、すぐに実践できる役立つ情報としてお伝えしてきました。

今回は「収納視点で考える間取り」についてのノウハウ、まさに住宅に関わるプロの方向けのセミナーとして構築した内容、プラス、間取りの中の収納プランには欠かせない引き戸や間仕切りなどを扱うタチカワブラインドの新商品とのコラボレーション。私も初めて、意外な切り口からの試みでしたが、打合せを重ねるごとに定まっていく「伝えたいポイント」が両者でピタっとはまりとてもいい感じにまとまりました。開催はタチカワ銀座ショールームと大阪ショールームの2か所にて、無事に終了。

タチカワ銀座ショールーム
タチカワ大阪ショールーム

本当に草の根運動なのですが、プロの方に収納設計の大切さをお伝えすることで、収納に悩む方の味方が増えてくれるといいな、と思います。そしてプロと一緒に、収納を考慮されている片付く間取りが構築されれば、後悔のない新築やリノベーションに繋がります。インテリアも映えてくることでしょう。

嬉しいことに、札幌ショールームでの開催も検討をいただいているとか。開催後に追加のご依頼をいただけると本当に嬉しいものです。

インテリアと収納と。

大分類として「住まい」に関わり、中分類となる「インテリア」と「収納」の両柱で住む方の本当の心地よさを追求したいと願っています。「インテリア」と「収納」、インテリア業界は30年近く携わっていますが、プラスして収納の仕事を始めた当初は、このふたつは並列の関係にはならないものではないか・・・とあきらめ気味になることもありました。インテリアは感性やセンスを問われ、収納はとてもロジカル。実生活を拝見しながら深めていくほど、近そうで遠く感じる場面が多々ありました。
でも、今はこの両立ができてこそ!とういうお仕事に関わっていかれるように世の中も自分自身も変わってきていることを感じるようになってきました。

イランのインテリア事情

セミナーでは2年に一度里帰り(?)しているイランの暮らしやインテリア、収納内部に至るまで、番外編として最後のほうに少しご紹介しています。これが意外にもアンケート結果からも好評をいただいています♪
未知の国、イランは独自のインテリアセンスが素晴らしい!!と訪れるたびに感動しています。みなさん、暮らしにとても美しさを求めるのですよね。
また、今回のセミナーはタチカワブラインド様からのご依頼ということもあり、滞在中のイランでも窓回り製品をくまなくチェックしていたところ、絶賛売り出し中の調光スクリーン「デュオレ」もたくさん取り入れている御宅がありました。そんなご紹介をしてみたりしています。笑!

7歳の子供部屋

私の視点で見てきたイランの暮らしや文化、インテリアや収納事情など、これだけでも何時間でもお伝えすることができます。撮影してきた写真は1万枚を超えてきました。笑!

文化の違いを知ることはお互いの国を理解しあうことに繋がります。誤解も多いと感じるイランは意外と日本と共通することも多々あり、とても魅力的な国なのです。ひと味違う収納セミナーを是非♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA