デンマークの壁紙メーカーSANDBERG

壁一面を変えるだけで

先週、お伺いしてみたいと思っていた静岡の壁紙屋さんへ行ってきました。北欧を中心に輸入壁紙を取扱い、実店舗で販売をする「Wonderwall」さん。へ。

北欧の壁紙は洗練されたほんわり感

スウェーデン王室御用達の壁紙メーカーSANDBERG社さんの雰囲気が素敵だな~~とインスタや洋書などで見ていて、その実装をたくさん見られるところはないかな、となんとなく探しておりました。北欧の壁紙はニュアンスが独特で、洗練された中にほんわりとした空気があるように感じます。
偶然にWonderwallさんがショールームを作られている様子をインスタグラムで拝見し、フォローしているとあっという間に店舗も増やされ、躍進されていく様子から、その店舗をいつか見に行ってみたいな~~と思っていました。行きたいな、と思い立つとすぐ行動!(私のモットーは「運は動から生ず」笑!)いろいろなタイミングが合ったので行ってまいりました。

ウィンドウディスプレイの雰囲気

壁紙を一種類でなく組み合わせる楽しさ

アクセントクロスを取り入れる方が増えて、1種類では物足りない方もいらっしゃるのでは?ショールームの廊下にはこんな感じに太目のボーダーを取り入れて、縦横の貼り分けをされていて部屋の奥行きがより広く長く感じられました。

デジタルプリントを活用して、気軽にポストカードサイズぐらいの好きな画像などから壁紙を作ることもできるそう。引き戸一面にこんな感じのアクセントも可愛いですね。

狭い空間のトイレはちょっと遊び心で組み合わせても。そこはもうジャングルのようなイメージ。正面壁だけ貼り分けて、いい感じにやり過ぎずに抑えています。全面この壁紙だと長くは居られなさそうな。。。笑。便座と色と壁紙のバランスが絶妙にいい雰囲気ですね。

正面スペース。ブルーの壁は布製、ブラウンの腰壁もふわふわした素材で柔らかくてびっくり!
自社で製作されたカタログは多くのコレクションが一目で見られて嬉しい。

壁紙の種類も多く大判で、好きな場所に移動して見られるので検討中の方は選びやすい展示です。トイレや会議室、スタッフルームに至るまでくまなく見せていただきました♪ありがとうございました!

せっかく静岡まで来たので少し足を延ばして、静岡を見守る「浅間神社」へお詣りを。

徳川家康崇敬の豪奢な本殿

お昼は駅近くの渋いお店へ。昭和を感じる味わい深いおにぎり&静岡おでん屋さんでした。名物「黒はんぺん」のおでんが美味しかったですよ。

白い壁のままの壁面、ありませんか。

お片付けやインテリアのご相談でお宅にお伺いすると、新築で引っ越してきたときのまま白い壁で過ごしていらっしゃるお宅が多く見受けられます。なんだかもったいないな~~と拝見しながら、この方の雰囲気でこの感じのお部屋ならあのメーカーさんのあの壁紙がいいな、とか、ペンキのあの色を塗ったら素敵なのに、と想い巡らします。

多くの壁紙や色の中から、部屋に合うひとつをセレクトするのはなかなか難しい作業です。「ちょっと冒険したい」や「好き」だけで選ぶと全体のバランスを崩してしまい、失敗してしまうことも。。
自分の「好き」は意外に客観的になれなくなるものです。セレクトをするときに拝見するのはお部屋だけではありません。着ていらっしゃる洋服の雰囲気や持ち物のテイスト、声や言葉などなどからもその方のニュアンスを察知して選びます。誰かに相談したいな~~と思われたら、是非すずくりへ♪

すずくりの壁面デザインはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA