オフィスの心地よさは内装にあり。

先月、ご依頼をいただき、ただいま施工真っ最中の株式会社posty様の信濃町オフィス。最近のオフィス環境は私がOLで働いていたとき(はて??何年前か??)と比べて大きく様変わりしていますね。今からOLさんになってみたいぐらい。笑!

代々木の英会話サロンのお仕事から、サロンやオフィスの内装を依頼されることが増えてきました。すずくりにご依頼をいただけるということは、オフィス環境の様変わりの影響も大きいと思います。

オフィス環境の変化

十数年前のいわゆる「冷たい」、「白・鼠色」、「無機質」、といったキーワードのオフィスから、「温かみ」、「色使い」、「デザイン性」、なことが求められています。働き方も変わり、オフィスがより住宅に近づいてきていることが感じられます。中でも「壁面使い」と「照明デザイン」はその空間を左右し、大きな決め手になりますね。

ヒアリングをさせていただいた中で拾い集めたキーワードをもとに、ご要望を加味したイメージ提案はこのような雰囲気で。

打合せの中で忘れられないキーワードは「私たちはスタバよりドトール、なんですよね。」という一言。その一言で求められているニュアンスがなんとなく理解することができました。(ドトールのような内装にしたいわけではなく、その捉え方ですね。)○○スタイル、という表現が得意でない私は打合せの中での何気なく言われるそのようなキーワードが功を奏します。

今日もこれから現場へ。新設した壁が完成し、3カ所の壁に貼り分けたアクセントクロスが入る予定です。

決め手は「壁」と「照明」

2月にオープンした株式会社A-mos(4ReaL Design)さんの壁と照明も素敵♪


オフィスは最後に取り付けた照明で雰囲気がガラリと変わりました。今回もちょっとおおぶりな照明をセレクトしたので家具とのバランス、その完成形も楽しみです。
そうそう、もちろん大切なオフィス収納も考慮して設計しています!!
収納についてはまた詳しく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA