夏の風物詩、行ってきました。

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

本格的な夏に突入し、ゲリラ豪雨から一気に灼熱の暑さになってまいりましたが、皆様体調など崩されたりされていませんか。

上手にコントロールしながら、いつもより、より敏感に自分のカラダをケアしなくては、ですね

先日、毎年夏の夜に開催される、目黒通りにあるホテルクラスカの「ルーフトップシネマ」に行ってきました

屋上の壁面に映像を映し、夏の涼風にビールを片手にまったりとできる心地よいイベントです。

こんな感じに目黒通りの夜景を見ることができます。

今回は1960年代のパリを舞台にした、ジャン=リュック・ゴダールの「女は女である」

主演はアンナ・アリーナ(かわいい

この年代のファッションやインテリアはとても心惹かれます。

また、この企画をしているKino Igluさんのセレクトする映画はいつも魅力的です

ルーフトップシネマは、私の夏の風物詩となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA