その道のプロに依頼するということ

前回のブログの続きです。10周年の節目として、すずくりのホームページをリニューアルするまでの経緯を少し書いています。

今回リニューアルをお願いした「4REAL DESIGN」(のちに株式会社A -mos)さんは、その当時はまだ個人でお仕事されていらっしゃいました。メールで問い合わせをしてBind指導(←ホームページ制作ソフト)をしてもらえないか、というような内容を送りました。彼女も当時は自宅がオフィスのような形でしたので、我が家に来ていただきました。初対面というのにすっかり意気投合、最後にはイラン料理を振る舞ったりして。(今思うとオンライン化がここまで進んでいなくてよかった。)
そして、最後には「これは依頼してしまった方が早い。その分、私は仕事を頑張ろう!無駄な時間を費やすことをやめてプロにお願いしよう。」と思い至ったのです。あ、このとき決して彼女から営業はされていません。笑。

と、いうことで第一弾のリニューアルをしていただいたのでした。自作のホームページとのお別れは少し寂しい気持ちもありましたが、やっぱりプロがすることはレベルが違うのです。
それからあれこれ時は流れ、一緒に展示会へ行ったりランチをしたりとホームページのこと以外でも時間を共有することが増え、気づいたらご主人様が会社を辞めて法人化(株式会社A-mos)されるほどにまでに。

満を持して横浜山手にオフィスを構えられ、今ではセレクトショップもオープンされていらっしゃいます。すずくりで内装のお手伝いをした時の様子はこちらから

今回、すずくり10周年でホームページリニューアルをお願いする際には、スタッフの方含めチーム4名体制で取り組んでくださいました。これが本当に心強い!リサーチ力もさらに高まり、私との打ち合わせはたった2回ほどだったと思います。私がこれまで書いてきたブログ、話してきたこと、実績、全てを網羅されてライティングまで。全面お任せでホームページが完成しました。私がしたことは最後のチェックのみ、、、なんということでしょう。10年前とは大違いですね。

A-mos のみなさんで我が家に撮影にもいらしてくださいました。

以前、とあるオフィスの改装でインテリア提案の際、プラン提示後に「何かご要望はございますか?」的なことをお聞きするとオーナー様に言われました。「私はインテリアのことは詳しくないの。なのでその道のプロにお願いしているのだから、素人が余計なことを言わない方がいいと思っているのよ。」と。。。
おおおっ、そ、そのプレッシャーはどう受け止めればいいのか?私・・・、と一瞬思いましたが、その気持ちが今回のことでよくわかりました。

提案いただくまでの間、依頼されたほうはそのことに集中してあらゆる角度から見ています。もしかしたら本人よりも。そして客観的視点も加わっています。構築されて、これがベスト!と思い至り提案してくださっているので、そこから妙な横槍は入れないほうがいい。よほどかけ離れていたら別ですが。そもそも思っていたのと違う提案をされたならば最初の見極めが足りていないのかもしれません。

そんな経緯で今回、リニューアルをいたしました!
私はとても気に入っています。特に新設された「読みもの」コーナーが客観的文章で楽しみです。最近はSNSやブログに投稿するとすっかり終わった気持ちになってしまっていて、少しアップしたぐらいでは全く見られてもいないものですよね。
掲載しきれていない施工事例も順々にアップしてまいりますのでどうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA