久しぶりにアンティーク三昧

先日のお休みに久しぶりにアンティークショップを巡りました。ここのところ少し離れていましたが、やっぱりこの感じは好きだな~~と再確認。

アンティークやジャンク、ブロカントな雰囲気はその線引きが曖昧で好き嫌いも分かれるところだと思います。私はすべてが混ざった感じが好きです。インテリアの中にあって、綺麗すぎるのも少々物足りないですし、ジャンクやブロカント過ぎるのも美しさに欠けたりします。双方のバランスがいい感じに保たれている空間が好きです。
その雰囲気を残したリプロダクションのあたりが日本の住まいにはいいのかもしれませんね。

先日の目的は友人が行きたいと言っていたこちらのショップ「talo」へ車で向かいました。北欧アンティークを取り扱っています。倉庫を改装したスペースには所狭しとたくさんの商品が並び、ファミリーでとても賑わっていました。掘り出しものもありそうな空気感。目利きでもあるその友人が「素敵!」と棚から降ろしてもらったラウンジチェアも希少価値の非常に高いデザイナーズものでした。

私も出会いがひとつ。。。なんとなくいつか欲しいな~~~と思っていたLE KLINTのブラケットランプ。
なんと!!アンティークを発見したのですよう~~~!!う、う、嬉しい♪でも、、、アンティーク特有の何かが足りない。。。そう、大事なシェードがない・・・。笑。
現地買い付けで出会える可能性は非常~~~に低い。。。しかもシェードだけなんてきっと、無い。
買おうかどうしようか迷って迷ったあげく、シェードは新しいものを買うのがいいのではないか!という結論に達して無事に我が家へお迎えしました。オーナーさんが「シェードなしでは使いにくいでしょう」と似た雰囲気のシェードを付けてくださいました。これもまた可愛い♪

びよ~~んと伸びます。

そしてこの日は横浜へ戻り(「talo」は厚木近くにあります)、勢いづいて近隣のアンティークショップ巡り。以前、勤めていたことのあるLloyd’s Antiquesへ。横浜倉庫には初めて訪れました。(土日のみオープンのようです)
ヨーロッパ現地でレストアして日本へ届くので、すぐに納品可能な美しい家具が揃います。バイオーダーのリプロダクションも豊富。

Lloyd’sAntiques 横浜倉庫

そして私は店舗を知らなかったのですが、その流れで「MF6」へ。もともとは千葉県松戸市のほうにあるようですね。こちらの店舗はB1F~2F,そして屋上まで見られます。建物内もちょっと面白い作りになっていました。元はEDWINのオフィスだったそうです。

ミッドセンチュリーからシャビーな感じまで、ジャンク、ブロカントと言われるような雑貨や家具が揃います。店舗向けとしてもいい感じに作りこめそうなアイテムが揃いそう!地下の不思議な空間には、品揃えが素晴らしいワインセラーもありました。きっとオーナーさんはワイン好きなのでしょう。笑。

久しぶりにお休み気分で遠出(?)を楽しみました。やっぱり家具&アンティークは好きだな~~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA