転機のタイミングは緩やかに。

あれから10年ですね。10年というのは節目でもあり、ニュースやSNSでも今日は例年より震災一色に見えます。せつない気持ちと頑張ろう!と思う気持ちが混ざり合います。

10年前のあのとき、私は表参道のインテリアショップで働いていました。一軒家を改装したショールーム、そこから見える近隣のビルは見たこともないぐらい揺れ、建物も聞いたことのない音でミシミシと呻き、日当りのいい大きな2面の窓ガラスは割れるのではないかと思うぐらいその瞬間グワングワンと歪みました。あの地の底から聞こえてくるドドドっというなんとも恐ろしい音は忘れられません。
もちろん横浜まで歩いて帰る気合はなく、帰宅困難者となりました。幸いショールームにはベッドやソファがあるので、梱包用のエアパッキンに包まりながら帰宅できないメンバーと朝まで仮眠した記憶です。今日はきっと、10年前のあのとき何をしていたか何処にいたかを思い出しながら語る場面も多いのでしょう。

経過とともに多少なりとも影響を受けたことを振り返ると、この10年で人生は大きく変わりました。その頃は手術・失業・財政難(笑)。。。「まったくもう~~、歳と同じく三重苦だわあ~~」と笑いながら話していたことがとても懐かしいです。
あの時には思ってもみなかった今、大きく変えたのはどん底からの起業と国際結婚。どちらも私にとってとても勇気が必要なことでしたが、思い切って振り幅大きめに動いてみてよかった!と思えます。
その時々は小さな一歩で、とても一足飛びに順調でいられたわけではないけれど、振り返るといいことのほうが多く数えられそう。
そして今は世界中がコロナに苛まされていますが、これもまたひとつの転機を迎え、ある意味チャンスもちらほらとっ見え隠れしている。立ち止まる時間もあり、事業もやっと主軸でやりたいと思っている方向に、落ち着いた気持ちで再構築していかれそうかしら、と思います。

転機のタイミングって時節が変わったからといって突然にやってくるわけではなく、じんわりじんわりと変化していくもの。物質的な断捨離も身体のダイエットもそれと同じようで、グイっといきなり舵をきるよりも、アンテナを張りながら到来したチャンスを逃さずに、長い目で大きく緩やかな変化のほうが望ましくリバウンドや反動がないように思います。流れを変える、という感じで。そしてなるべく上下せずに、緩やかに状況が右肩上がりしていくといいですよね。

震災だけではなく、さまざまな被災地を思うと大したことは語れないのですが、、、ちょっと書き残しておきたくなりました。少しでも個々の持ち場での活性化をはかりながら、間接的でも他者に貢献できていると信じて。そしてちゃんと役立ててほしいものです。
確定申告の時期ですから、より一層思います。笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA