横浜・本牧のお花屋さん Vol,1

横浜・本牧の丘の上にある一軒家、賃貸戸建のひと部屋をお花屋さんに改装するデザイン監修をいたしました。

いつも「すずくり」のホームページをお願いしている4ReaLDesignさんからのご依頼でインテリアデザインのお仕事をお受けしました。運営される横浜・山手商店街の中のセレクトショップ(Cs atelier)に、オーナーのマリコさんが相談されたことがきっかけです。
近隣に新しくお花屋さんを開業されることとなり、そのロゴと内装のご相談。

ロゴは4ReaLDesignさん、内装はすずくりでの協業になります。
このパターン、とても理想的なのです。4ReaLさんはブランディングからホームページ制作までされているので、実店舗がある場合にはその延長線上でリンクしていくと非常に空間も全体も整います。
もちろん、大手の会社では広告代理店としっかり組んでブランディングされているとは思いますが、個人事業であったり中小規模だと自分でやることと思ってなかなか着手できていない点であったりします。
ロゴのイメージと店舗とホームページ、そして提供するものがバラバラで残念なお店ありますよね。

余談ですが、、、
先日、外苑前近くで入ったフレンチのお店もそうでした。。。お料理は美味しいのに、、、高級な雰囲気の店名とロゴ、店舗の内装、音楽とお料理がすべてバラバラ。。。店員さんの応対もいまひとつ。。。トータルバランスが整っていなくて本当にもったいない!!と感じたのでした。
みなさんもそんな経験はありませんか。
周囲の環境にフィットして心地よく整ったブランディング、また行きたい!と思ってもらうためにもとても大事なことなのだと思います。

今回の案件はいつもとはちょっと異なり、デザイン提案のみで施工はご自身でされるとのことでした。デザイン監修という立場。
現場好きな私はうずうずしてしまいますが、これもひとつの形なのかな。時々訪れつつ、経過をお施主さまのInstagramで確認しながら、いい感じに仕上がっていくのを楽しみに遠くから見守っていました。

なので途中経過もあまりお知らせしていないのですが、無事にオープンされ一気に仕上がっている空間に伺ってきました。猛暑の中、現場で苦労していらした職人さんには申し訳ない感じもしますが、細部まで行き届いた施工をされている様子が垣間見られました。

BAY SIDE FLOWER MARKET

オーナーのマリコさんの誕生日に「ベイサイドフラワーマーケット」オープン!台風の影響で雨も激しい時間帯もありましたが、私たちが訪れた時も大きな花束を抱えた男性とすれ違い、店内には2組のお客さまがいらっしゃいました。すでに人気店な感じです。

こちらの写真はある晴れた日(photo by 4ReaLDesign)

入口には本牧で人気のお蕎麦屋さん、地域密着型において「ついでに立ち寄れる」はとても好ましいので、立地としては条件クリアな感じです。日常に寄り添うお花、近隣の方には近くにお花屋さんができて喜ばれている様子がありました。仏花が束ねられていたのもいいな、と思いました。このエリアの需要が高まるのではないかしら。

内装についてのあれこれ、続きでお伝えいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA