Staub

Staub鍋を愉しむ秋

今年の秋はいつも通りとはいかない、違和感のある秋となりました。それでも食欲はありますし(笑)、季節を楽しむことは変わらずに体感していたいと思います。

先日、BuJo式収納メソッドのモニターさまとのミーティングでこんな会話がありました。
「捨てたい鍋があるんですが、なかなか思い切れないんです。。。」
お聞きしていると最近あまり使わなくなってしまった「ル・クルーゼ」の鍋、処分をしようか迷っているとのこと。。。お気持ち、よくわかります。
私もずっと煮込み料理にはル・クルーゼを使っていたのですが、そろそろ替え時だな、、、と迷っていました。(そしてこの鍋、ちょっとした思い出があるのでした。。。)料理をすることは好きなほうなので、鋳物ホーロー鍋はひとつあるととても重宝します。なので、なかなか使い込みました。
「実は私も捨てるに迷っていたル・クルーゼの鍋があるんですよう。。一緒に捨てましょうか!!」とご提案してみました。笑!(ル・クルーゼさん、ごめんなさい。)

ということで、次回のミーティングまでに共に処分する約束をしました。
強制はしませんが、言った手前、私は決行しなくてはいけません。とてもいいきっかけとなりました。

Staub
我が家の鍋はイランから持ち帰ったものが多いです。圧力鍋と銅鍋(←磨かなくては。。。)

新しい鍋選びにはさほど時間はかかりませんでした。無水鍋、鋳物ホーロー鍋、昨今はいろいろなメーカーがありますが、やっぱり用途もデザインも「Staub」の鍋を使ってみたかった!なので迷わず即決。
形はオーバル23cm、これは収納したい場所にピッタリと納まるから。笑。二人暮らしならば十分なサイズです。

Staub

なんでも美味しく完成する

これが。。。素晴らしい鍋なのです。
いまさら言わずもがなでしょ、、と、使っている方も多くいらっしゃるかと思いますが、初めて使ってみて、深く実感しております。
煮る・揚げる・蒸す・炒める・焼く・炊飯まで、すべてできます。そして簡単に早く美味しく仕上がる。オーブンにも投入できます。これは鋳物ホーロー鍋の共通点ではありますが、これまではそこまで活用してみようと思ったことがありませんでした。原因はサイズ感でしょうか。微妙な差ですが、小さめのオーバル型にしたら使い勝手もいいようです。
昨夜はこれひとつで、あっという間にブロッコリーを蒸し、きのこマリネを作り、かぼちゃを煮ました。益々料理が楽しくなるので、あれこれレシピも試してみたくなります。先日はスペアリブを作りましたが、これがほんとにいい柔らかさになるのです。
まだ炊飯をしてみていないのですが、噂によると硬めに仕上がるそう。新米も届いたので、秋の味覚たっぷりな炊き込みご飯でも作ってみようかしら。
このままテーブルに置いても映えますし、目も胃袋も食欲の秋を堪能できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA