リビング・ダイニングにあると嬉しい収納

先々週から、収納コンサルティングを4件ほど対応させていただきました。

新築の際に、間取りの収納場所と、新居に持っていきたい家具や持ち物など、収納に関することをトータルにご相談いただけるこのサービスは少しずつ浸透しているのではないかと実感しています。

間取りを拝見していると、もっとも家族の「モノ」が集まるリビング・ダイニングに、収納が考えられていないことが多いと感じます。

始めから造作家具で設置してしまうのは不安があるし、入居してから家具を買い足すにしても何を購入していいものか迷うところ。。。

間取りによって置ける家具の大きさも異なりますし、持ち物の量によって、その場で何をするかによっても必要な収納は変わってきます。

 

以前、「ロイズアンティークス」というヨーロッパのアンティーク家具を直輸入販売する会社で働いていたことがあります。

今や、アンティーク業界のパイオニア的な存在でしょうか。

まだ広尾と碑文谷(目黒)の2店舗しかない頃、その店舗の異国感漂う優雅な佇まいに一目惚れしてここで働きたいな~~という夢と希望とともに転職しました。

 

よく売れていた家具のひとつに、イギリスではダイニングスペースなどに置かれ、日常的に使われている「バフェ」という家具がありました。

語源としてはフランス語「buffet」からきているようですが、フランスではサイドボードを意味する言葉のようです。

 

「ビュッフェ」の語源とも言われ、いわゆる食事のサービングのためのリネンやカトラリー、お皿などを収納し、カウンターのようにサービングするものをその上に置いていたと言われています。

*ビュッフェ イメージ
引出があり(ないタイプもありますが)奥行もたっぷりあるので、たくさん収納ができ、カウンター代わりになるのも特徴です。

Lloyd’s Antiques ONLINE SHOP より (画像をクリックすると入れます)

アンティーク好きな方はリビングにこちらのような家具をインテリアの合わせてよく購入されていました。

重厚感もあり、素敵ですね。(実際に、とても重いです・・・。)

今思うととても重宝する収納だな、と感じます。

昔からの同じような使い方をしてもいいですし、開きの中には書類、引出には筆記用具、メモ・付箋などを収納して、リビングやダイニングでちょっと使いたいものを入れておくのもいいですね。

カウンターのように使用できるのて、立ったままちょっとした提出書類などを仕上げたり、郵便物を仕分けたり、お花や写真などの飾り棚としてもいい高さです。

 

最近はインテリアに合わせてグレイッシュなトーンも人気です。

*sarahgrace ONLINE SHOPより(画像をクリックすると入れます)

(サラグレースさんは青山本店、自由が丘店、銀座店に続き、4月26日(水)には神戸大丸店がオープンするそうです。)

リビング・ダイニングにはこのような機能を持つ家具や造作家具などが必要ですね。

マンションなどでカウンター下に収納を設ける場合もありますが、奥行が確保できなくて書類などが収納できなかったり、ダイニングとの兼ね合いで「開かずの収納」と化している場面もときどき拝見します。

ダイニングテーブルをカウンターに付けてしまう場合にはあまりお勧めはしていませんが、普段使わないものを収納するにはいいスペースになりますね。

使い勝手のよい、適切な収納があると自然と片づけがしやすくなっていくものです。

 

~~ご新居にセレクトする家具や収納の間取りにお悩みなときはsuzukuri(すずくり)へ~~

 

この収納で大丈夫か不安?

インテリアに関すること、収納に関すること、壁面に関わること、suzukuriにいただくお問合せはさまざまです。

最近、3件ほどいただきましたお問合せ事例を参考までに書かせていただきますね。

 

▪️S様のお問合せ

S様は二年前のお引越しの際にご依頼をいただいてからのお付き合いです。

今回は新しいお引越し先の造作家具についてお問合せをいただきました。

造作家具は近所のリフォーム屋さんにご依頼をされていらして、でもその造作が適正かどうかみて欲しい、ということで「収納カウンセリング」のご依頼をいただきました。

造作家具の棚板の使い方や、収納量についてアドバイスをさせていただくと、リフォーム会社さまとの打合せにも同席してほしい、とのご依頼もいただき、図面への変更箇所など、一緒に打合せを進めさせていただいています。

 

▪️T様のお問合せ

T様はホームページでsuzukuriを見つけてくださり、初めてのお問合せです。

新築の住まいの図面が完成しつつあるのですが、果たしてその収納が適正かどうか、図面を見てほしい、と「収納コンサルティング」のお問い合わせでした。

まずはお家を拝見させていただくか、お家を見られることがイヤな場合はご指定のカフェなどで図面を拝見いたします。

T様は3月にお会いすることになりましたので、どのようなお住まいの図面か拝見することが楽しみです。
▪️U様のお問合せ

U様は所有されているオフィスをリフォームされるとのことで、「インテリア」&「収納コンサルティング」のご依頼をいただきました。

すでに5年目のお付き合いになりますが、お住まいのマンションは昨年リフォームしたばかり。その際にも「収納コンサルティング」のご依頼いただき、持ち物の量に合わせた収納のアドバイスをさせていただきました。

クローゼットや収納庫がとても使いやすくなられたようです。

今回はオフィスをサロンにされるという改装のご相談ですが、リフォーム会社様はすでに入られていて、内装材やちょっとした収納にはこだわりたいとご相談をいただいております。

 

新築やリフォームの際、「住まいづくりのセカンドオピニオン」として、収納やインテリア視点でのひとつの目を加えることはとても有効的なことと感じます。

 

家はよく「3回建てないと満足する家にならない」といいますが、そんなに建てられる人はわずかではないでしょうか。

新築やリフォームの際は夢や憧れが先行します。

お庭でBBQができるようにしたい。

パーティーなどで人がたくさん呼べる家にしたい。

音楽の演奏会ができる家にしたい。などなど。。。

それもとても大切で重要なのですが、その夢を快適に実現させるためには、やはり伴うモノの量や収納の場所を考慮することが必要と考えます。
一人でも多くの専門家の目で、チェックができると後悔のない家になるのではないかと思います。

ジャンルを越えた専門家同士の横のつながりももっともっとできていくといいですね。

 

どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

収納から住まいを見直す SUVACO×suzukuri

節分から立春へのタイミングに、新しいコラボレーションが始まります。

「収納から住まいを見直す」をキャッチフレーズに、SUVACOさんとの新しい企画の第一弾がスタートしました。

20名様限定のモニターキャンペーンです。

詳しくはこちらから⇒⇒⇒
30年以上も前から、住まいへの不満調査のナンバーワンは「収納」

SUVACOさんの最新のアンケートでもその結果がでています。(データ画像はSUVACOサイトより)

 

 

また、新築・リノベーションの際に重視するポイントとして「収納」はトップに上がります。(リクルート社 資料より)

間取りや日々の動線を左右する図面の段階から、しっかりとした収納計画ができていると解消されていくのだと思います。

「住空間収納プランナー」はその理念をもとに、誰に相談していいものか迷うような動線に添った収納や収納内部まで、住まいづくりに収納視点で寄り添います。

是非、新築・リノベーションのタイミングの方はご相談くださいませ。

 

「SUVACO」と「suzukuri」

酉年に、なんだか縁起もよさそうです。。。笑!