リビング・ダイニングにあると嬉しい収納

先々週から、収納コンサルティングを4件ほど対応させていただきました。

新築の際に、間取りの収納場所と、新居に持っていきたい家具や持ち物など、収納に関することをトータルにご相談いただけるこのサービスは少しずつ浸透しているのではないかと実感しています。

間取りを拝見していると、もっとも家族の「モノ」が集まるリビング・ダイニングに、収納が考えられていないことが多いと感じます。

始めから造作家具で設置してしまうのは不安があるし、入居してから家具を買い足すにしても何を購入していいものか迷うところ。。。

間取りによって置ける家具の大きさも異なりますし、持ち物の量によって、その場で何をするかによっても必要な収納は変わってきます。

 

以前、「ロイズアンティークス」というヨーロッパのアンティーク家具を直輸入販売する会社で働いていたことがあります。

今や、アンティーク業界のパイオニア的な存在でしょうか。

まだ広尾と碑文谷(目黒)の2店舗しかない頃、その店舗の異国感漂う優雅な佇まいに一目惚れしてここで働きたいな~~という夢と希望とともに転職しました。

 

よく売れていた家具のひとつに、イギリスではダイニングスペースなどに置かれ、日常的に使われている「バフェ」という家具がありました。

語源としてはフランス語「buffet」からきているようですが、フランスではサイドボードを意味する言葉のようです。

 

「ビュッフェ」の語源とも言われ、いわゆる食事のサービングのためのリネンやカトラリー、お皿などを収納し、カウンターのようにサービングするものをその上に置いていたと言われています。

*ビュッフェ イメージ
引出があり(ないタイプもありますが)奥行もたっぷりあるので、たくさん収納ができ、カウンター代わりになるのも特徴です。

Lloyd’s Antiques ONLINE SHOP より (画像をクリックすると入れます)

アンティーク好きな方はリビングにこちらのような家具をインテリアの合わせてよく購入されていました。

重厚感もあり、素敵ですね。(実際に、とても重いです・・・。)

今思うととても重宝する収納だな、と感じます。

昔からの同じような使い方をしてもいいですし、開きの中には書類、引出には筆記用具、メモ・付箋などを収納して、リビングやダイニングでちょっと使いたいものを入れておくのもいいですね。

カウンターのように使用できるのて、立ったままちょっとした提出書類などを仕上げたり、郵便物を仕分けたり、お花や写真などの飾り棚としてもいい高さです。

 

最近はインテリアに合わせてグレイッシュなトーンも人気です。

*sarahgrace ONLINE SHOPより(画像をクリックすると入れます)

(サラグレースさんは青山本店、自由が丘店、銀座店に続き、4月26日(水)には神戸大丸店がオープンするそうです。)

リビング・ダイニングにはこのような機能を持つ家具や造作家具などが必要ですね。

マンションなどでカウンター下に収納を設ける場合もありますが、奥行が確保できなくて書類などが収納できなかったり、ダイニングとの兼ね合いで「開かずの収納」と化している場面もときどき拝見します。

ダイニングテーブルをカウンターに付けてしまう場合にはあまりお勧めはしていませんが、普段使わないものを収納するにはいいスペースになりますね。

使い勝手のよい、適切な収納があると自然と片づけがしやすくなっていくものです。

 

~~ご新居にセレクトする家具や収納の間取りにお悩みなときはsuzukuri(すずくり)へ~~

 

これからをどう生きたいか。【大和市 K様邸】

少々大きなタイトルとなっていますが(笑)、春分の日も迎えたので少しおおげさに。。。

昨年よりご依頼をいただいておりましたK様。

お家が工務店をされているので、内装材などのセレクトをsuzukuriにてお手伝いをさせていただき、ご自身でリフォームなどもすべて終了し、オーダーいただいた家具などを無事に納めさせていただきましたので、先週、伺ってまいりました。

施工写真の撮影のためにカメラマンとともに。

そして今回はHowScopeさんの取材をお受けしているので、そのご協力もK様にお願いしておりました。

 

完成したお部屋はこんな感じに。(*カメラマンの写真ではありません。私のiPhoneにて)

 

 

壁紙はK様の雰囲気にぴったりなウィリアム・モリスの新作「ピュア・モリス(PURE MORRIS)」をセレクト。

 

悩ましかった和室の雰囲気を持つ柱やその色にもぴったり合いました。

イメージ通り!!

家具はチェストとデスク、ミラーを山形の工場でゼロからサイズオーダー。

こちらの色は赤味が強いかな、と少し迷いましたが、さすが毎日お部屋で過ごされているK様の好みに間違いはなく、こちらもしっくりと馴染みました。

・ナチュラルな子供っぽいインテリアは嫌かな。

・和室でも合う雰囲気にしたいわ。

・派手なものやモダンすぎるのも落ち着かないの。

ご提案する前にとてもわかりやすく、お好みを言ってくださるK様に感謝です。

取材の中でK様が、おっしゃられていたことにとても共感いたしました。

「この歳になると、老後への準備やいろいろで自分の部屋にお金をかけるなんて、と思う人もいるかもしれないけれど、私は今回のリフォームを、今、実行して良かったと思うの。毎日、ここで過ごす時間がワクワクと楽しみになりました。」とお話しされていました。(K様は60代の奥様です。)

家具などすべて納品されたときには、ご自身で選ばれた回転するドレッサーの椅子に座り、

「嬉しくて嬉しくて、クルクル、クルクルっと廻ってしまったわー。」とK様。

お部屋がリフレッシュされると気分も上がります。

壁紙を変えるだけでも、それは一つの壁だけを変えるアクセントクロスだけでも違ってくるのです。

これまでは寝るだけのための寝室だったそうですが、ここで過ごす時間も長くなりそうです。

人それぞれ、テンションが上がるポイントは異なりますが 、明日の活力につながるような部屋づくり、住む方がしっくりとくるインテリアのセレクト、私はどんどん応援したいです。

K様もブログに書いてくださっていました。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

クボタ住建「棟梁のお家訪問」

スタートしたときの様子はこちらからも。

 

ビフォーアフターは、HowScopeさんの記事とともに、また掲載させていただきますね。

 

~*~アクセントクロスや壁面デザイン・壁面収納はすずくりへ。下記よりご依頼お待ちしております。~*~

http://www.suzukuri-k.com/

美しい収納家具と。

昨夜は収納家具のMolteni&Cの新作発表会を中心に、3件の展示会などに行ってきました。

1件目はスパイラルホールにて本日(2/10)まで開催されている「ててて見本市2017」へ。

 

ワクワクする雑貨が一同に集まり、100組の作り手によるものづくりの素晴らしさや作家さんの思いをカタチで見ることができました。

やっぱり「モノ」が好きだな~~~とつくづく。。。

バイヤー、ものづくり従事者・デザイナー向けのイベントなので、小売りはしておりませんが、興味深い展示会でした。

 

2件目はクリエーションバウマンの新作発表会へ。

 

五反田のデザインセンターから青山にショールームが移転されていて、今回、初めて伺いました。

優しい柄生地を見せるロールスクリーンや、多様な窓の形状に対応できる縦型バーチカルブラインドの展示などがされていました。

 

3件目はメインのMolteni&Cの新作発表会へ。

 

 

 

美しい収納家具にうっとりでした。

ホっと安らぐ色合いと仕上げの美しい造作。

金物の使い方や扉の開き方など、高級感が溢れていて眺めているだけでもお酒が進んでしまいそうな(笑!!)壁面収納やクローゼットでした。

モダンなのですが、不思議ととがりすぎた感じばかりではなく、どこか懐古的な雰囲気もある家具にも感じます。

ヨーロッパの趣のある雰囲気の家などはこのニュアンスが合いますね。

 

いつかご提案に取り入れたい家具のひとつです。

雪まじりな寒い夜でしたが、心熱くなるひとときでした。