祝*suzukuri 5周年

桜もようやく満開の頃を迎えるようですね。

新年度となり、2012年4月2日に開業したsuzukuriも5周年を迎えることができました。

偶然にも!!

起業時に大変お世話になったKUUKIさんがいらしてくださいました。

とても素敵なお花とともに。

KUUKIの渡部さん親子には本当にお世話になりました。

渡部さん親子がいなかったら、私はsuzukuriを起業するまでには至らなかったといつも思い返しています。

 

あの頃には想像もしていなかった現在がありますが、変わらず続けてこられたのは支えてくださる周りの方々、アシスタントの方々、協力工場、デザイン会社の方々日本収納プランナー協会の皆様、

そしてライフスタイルの変化とともにsuzukuriを思い出してご依頼をくださるお客様のおかげと心から感謝をいたしております。

無事に続けてこられ、5年目を迎えられたことに、伝えきれない感謝の気持ちでいっぱいです。

5周年の節目として、何か記念品などつくろうか、イベントなどしようか、と昨年末ぐらいから思い描きつつ・・。

けれど、まだまだ5年。

これからさらに精進していくためにも、10周年までそれはおあずけにしようかと思います。

 

先日、六本木にある東京ミッドタウンの10周年イベントに伺ってきました。

それはそれは大盛況で10年経っても色あせないどころか、ますます魅力を増した商業施設になっていました。

10年前、WISE・WISEに勤めていたころ、東京ミッドタウンにOpenした新店舗「WISE・WISE tools」の立ち上げと、オープンから1~2年ほど店長として関わらせていただきました。

準備段階から何度も社内会議を重ね、店名を考えたり、仕入れ商品にかかわったり、店舗デザインに加わったり。。。

施設側のスタッフ研修も充実していて、マナー研修や施設の案内、入居前の住居棟などまでも見学させていただき、ホスピタリティの心構えとして、とてもよい経験となりました。

新しい商業施設ならではの柔軟さや、百貨店にはない専門店としてのポジションを深く感じました。

 

オープニングスタッフへの説明会のとき、東京ミッドタウンの桜の木は元防衛庁のときのものをそのまま植え替えをしたと聞きました。

桜を植え替えると数年は順調に咲かない場合や成長しないこともあるそうですが、ミッドタウンの桜は初年度から見事に毎年咲いていたと言われていたのを思い出します。

いい時期に周年を迎えるな~~としみじみ思いました。

あれから10年か・・・と、いろいろなことが思い出され、「10周年」という目標が明確になってきました。

10周年には何かちょっとしたことができるといいな~~とあれこれ構想を描きつつ。。。

人生、こつこつ、ゆっくりと・・・。(先日観た映画「人生フルーツ」より)

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

これからをどう生きたいか。【大和市 K様邸】

少々大きなタイトルとなっていますが(笑)、春分の日も迎えたので少しおおげさに。。。

昨年よりご依頼をいただいておりましたK様。

お家が工務店をされているので、内装材などのセレクトをsuzukuriにてお手伝いをさせていただき、ご自身でリフォームなどもすべて終了し、オーダーいただいた家具などを無事に納めさせていただきましたので、先週、伺ってまいりました。

施工写真の撮影のためにカメラマンとともに。

そして今回はHowScopeさんの取材をお受けしているので、そのご協力もK様にお願いしておりました。

 

完成したお部屋はこんな感じに。(*カメラマンの写真ではありません。私のiPhoneにて)

 

 

壁紙はK様の雰囲気にぴったりなウィリアム・モリスの新作「ピュア・モリス(PURE MORRIS)」をセレクト。

 

悩ましかった和室の雰囲気を持つ柱やその色にもぴったり合いました。

イメージ通り!!

家具はチェストとデスク、ミラーを山形の工場でゼロからサイズオーダー。

こちらの色は赤味が強いかな、と少し迷いましたが、さすが毎日お部屋で過ごされているK様の好みに間違いはなく、こちらもしっくりと馴染みました。

・ナチュラルな子供っぽいインテリアは嫌かな。

・和室でも合う雰囲気にしたいわ。

・派手なものやモダンすぎるのも落ち着かないの。

ご提案する前にとてもわかりやすく、お好みを言ってくださるK様に感謝です。

取材の中でK様が、おっしゃられていたことにとても共感いたしました。

「この歳になると、老後への準備やいろいろで自分の部屋にお金をかけるなんて、と思う人もいるかもしれないけれど、私は今回のリフォームを、今、実行して良かったと思うの。毎日、ここで過ごす時間がワクワクと楽しみになりました。」とお話しされていました。(K様は60代の奥様です。)

家具などすべて納品されたときには、ご自身で選ばれた回転するドレッサーの椅子に座り、

「嬉しくて嬉しくて、クルクル、クルクルっと廻ってしまったわー。」とK様。

お部屋がリフレッシュされると気分も上がります。

壁紙を変えるだけでも、それは一つの壁だけを変えるアクセントクロスだけでも違ってくるのです。

これまでは寝るだけのための寝室だったそうですが、ここで過ごす時間も長くなりそうです。

人それぞれ、テンションが上がるポイントは異なりますが 、明日の活力につながるような部屋づくり、住む方がしっくりとくるインテリアのセレクト、私はどんどん応援したいです。

K様もブログに書いてくださっていました。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

クボタ住建「棟梁のお家訪問」

スタートしたときの様子はこちらからも。

 

ビフォーアフターは、HowScopeさんの記事とともに、また掲載させていただきますね。

 

~*~アクセントクロスや壁面デザイン・壁面収納はすずくりへ。下記よりご依頼お待ちしております。~*~

http://www.suzukuri-k.com/

収納量は足りていると思うのですが・・。

先日、ホームページからお問合せをいただきました豊島区S様。

「収納量については足りていると思うのですけれど、それが片づけやすい・暮らしやすいにつながっているのか不安になりご連絡いたしました。」とお問い合わせをいただきました。

来年、新築戸建が完成するご予定で、まさに今、図面が確定されようとしていらっしゃるタイミングです。

ご相談内容をおうかがいし「収納コンサルティング」のご依頼をいただきました。

事前に図面をいただき検証してみると、とても収納量も多く、中に入れられるご予定のモノもしっかり、建築士の方が図面に書き込まれていらっしゃいました。

今回は、私はあまり必要ではないかしら?と一見図面を拝見してそのように思いましたが、解読して、実生活に落とし込んでいくとやはり気になるところが少しずつ見えてきます。

事前に間取りと図面の検証をしてから、ご自宅にお伺いしてモノの量を把握させていただき、現在お困りな点や生活のクセのようなものを確認させていただきます。

ご自宅にお伺いする際には必ず「来客だから、と片づけたりせずに、日常のままを見させてくださいね。」とお伝えします。

そのほうが効果が高まります。

 

 

各部屋を見させていただき、再度間取り図面と立面図を拝見しながら、主には以下のようなことをご提案させていただきました。

 

◇実際に棚から荷物を下ろすときにそのスペースが足りているかどうか。

◇細長い収納庫にどのようにモノを納めるか。その中で重いものを持つときの体勢がどうなるか。

◇奥行のあるものを置くことを想定している棚、目的のもの以外はどのようにしたら収納しやすくなるか。

◇家具の配置に伴う配線の想定

◇ゴミ箱の位置

◇壁面収納の奥行

◇WICの使い方のご相談

◇クローゼット上部棚の奥行

などなど・・・。

 

奥様も収納庫内の棚の使い方のご提案には、「そのような考え方もあるのですね!目からウロコです~~~」ととても喜んでくださいました。

とても収納量も多く、デザイン性も高いお家。

あと少しのコツを足すとさらに住みやすく、

住んでから「こうしておけばよかった」ではなく⇒「こうしておいてよかった!!」と後悔のない愛着の湧く家になります!

 

間取りの収納検証や収納コンサルティング、ご相談はこちらからどうぞ。

http://www.suzukuri-k.com/