住まいのダイエットを実行したあとは・・・収納サポート

家の「収納」で言われることと、「ダイエット」で言われることはとても類似していて、例え話にもよく置き換えて使われます。

先週、お伺いしたY様の収納サポート

片付かない家から、片づけやすい家にシフトチェンジするためには・・・というお話を、作業をしながらお伝えをしました。

Continue reading “住まいのダイエットを実行したあとは・・・収納サポート”

家にもノーリング収納を。

撮影のスタイリングの手法などで最近耳にする「ノーリング(knolling)」

端的に言えば、平行・垂直を意識した配置方法でしょうか。

Instagramでもお花や趣味のものを使って、そのような投稿画像をときどき目にしますね。

 

もともとはマルセル・ブロイヤーなどの家具を扱う「knoll社」において、建築家でありデザイナーのフランク・ゲーリー氏の家具を作る際に生まれたメソッド。

なのでknolling(ノーリング)なのですね。

家具メーカーの工場や工房などを訪れると、その工具や治具の整理整頓の仕方にホレボレしましたが、そこからきていたのかもしれませんね。

工場などは特に誰にでもわかるように収納する、関わる人が多いほど大切なポイントです。

 

そのメソッドは

1、使っていないモノをより分ける

2、使っていないものは片づける

3、使うものを似たもの同士でグループ分け

4、アイテムすべてを平行・または垂直に並べる

さらには、その出し入れの動作が「片手」でできるように配置されていることが原則です。

 

家の中でも同じことが言えますね。

先日も洗面所の収納のご相談をいただきました。

浴室が併設され、脱衣所兼、洗濯機がある洗面所の収納はキッチンと同じぐらいコンパクトに動線に合った収納が必要です。

特に洗濯のしかた、干し方でその場に必要なモノの量に伴い、収納も変わってきます。

 

脱衣はどこで行うか。

洗濯ピンチはどこに置くか。

どこで洗濯物を干すか。などなど。。。

新築収納コンサルティングの際にも、特に念入りにお打合せするところです。

 

こちらのお宅では、

洗濯機の上にハンガーパイプあり。

洗濯してすぐその場で洗濯ピンチにかける。(いつも2台使用)

ベランダの物干しへ持っていく。

という動線でした。

 

よく聞かれるのは洗濯ピンチの収納方法。

お客様のご希望によっては見せたくない、ということもありますが、今回のケースは、「毎日のことなのですぐに使えるようにしたい」というご希望で打ち合わせの結果、下記のように使用することになりました。

 

ジャストサイズの位置に、垂直にL型のフックを。

 

 

これもひとつの「ノーリング収納」かもしれません。

家の中でも取り入れられるノーリング収納メソッド、キッチンやリビングなど壁や引出の中を利用するとまだまだありそうです。

しまう収納と見せる収納、両立して混雑しないスムーズが暮らしができるといいですね!

 

 

イランから学ぶ収納【クローゼット】

ちょっとだけシリーズ化して書いておりますが、今回はイランのクローゼットを。

イランは日本と同じように、玄関で靴を脱いで部屋で過ごしますので、寝るときは布団を敷いて寝ます。

ベッドで寝る家ももちろん多いです。

来客が多いイランでは、来客用布団がしっかり用意されています。

日本の住まいでは、ときどき、押入れいっぱいにお布団を入れているお宅を拝見しますが、逆に考えると、来客の少なくなった日本の家族には、あまり来客用布団が必要ないお家もあるかもしれませんね。たま~~~に、ならば、レンタルという手もあります。

 

戻りまして、イランのクローゼット横にはだいたい押入れのようなスペースが確保されています。

その入れ方がとてもスッキリと綺麗。。。

2015-04-24-18-08-08

 

日本の押入れのような中棚はないのですが、ぴっちりと積み上げられ、必ず布で覆うのですね。

イランではいつでも、泊まっていって~~~という感じでした。

そして、泊まることがココロを許した証のように喜ばれます。

 

お隣のクローゼットはこんな感じに。

2015-04-24-18-08-54

お布団の入れ方と比べるとその差はなぜ??というぐらい、下のほうはかなり押し込んでいますが・・・。

入れ方は置いておいて、これでご夫婦二人分です。W1800ぐらいでした。

プラス、W800×H900ぐらいの引出がひとつ。

どのお家もこのぐらいの量で納まっていて、外に出ている服などはありませんでした。

リビング・ダイニングは広々としています。

 

子供部屋はこんなに雰囲気を作りこんで。


小学生低学年の女の子二人のお部屋です。

クローゼットはこれだけ。W800ぐらいでしょうか。


 

やっぱり詰め込んでますが(笑)、でも内容はすべて把握している様子でした。

おもちゃ類もムダに多くは持っていません。

部屋にちょっと出ているぐらいと、このクローゼットの下部に少しあるぐらい。

どちらかというとなんでも買ってあげるほうの家族でしたが、溢れる出ているようなことはありませんでした。

 

「そこは開けちゃダメ~~~!」みたいな雰囲気はまったくないので、今、押し込んだものというわけではなく、おそらく細かなことを気にせず、ざっくりとした収納のほうがストレスがないようです。

細かく分ける、という感覚はあまりないようで、あるとき私のトランクの中を見たとき、

これは化粧品、これは下着、これはドライヤー、とそれぞれを袋に入れたり小分けにしている様子を見てびっくりしていました。

 

お布団の収納と衣類クローゼット収納の差のように、滞在中はときどき「え~~~???ここはこうなのに、そちらはこうなの???」いう場面に出会いましたが、その差が面白くも感じていました。

 

イランへはまた、来春ぐらいに行く予定なので、

改めて写真を見て、次に行ったときには少し収納方法をレクチャーしてこようかな?と思います。笑!