家にもノーリング収納を。

撮影のスタイリングの手法などで最近耳にする「ノーリング(knolling)」

端的に言えば、平行・垂直を意識した配置方法でしょうか。

Instagramでもお花や趣味のものを使って、そのような投稿画像をときどき目にしますね。

 

もともとはマルセル・ブロイヤーなどの家具を扱う「knoll社」において、建築家でありデザイナーのフランク・ゲーリー氏の家具を作る際に生まれたメソッド。

なのでknolling(ノーリング)なのですね。

家具メーカーの工場や工房などを訪れると、その工具や治具の整理整頓の仕方にホレボレしましたが、そこからきていたのかもしれませんね。

工場などは特に誰にでもわかるように収納する、関わる人が多いほど大切なポイントです。

 

そのメソッドは

1、使っていないモノをより分ける

2、使っていないものは片づける

3、使うものを似たもの同士でグループ分け

4、アイテムすべてを平行・または垂直に並べる

さらには、その出し入れの動作が「片手」でできるように配置されていることが原則です。

 

家の中でも同じことが言えますね。

先日も洗面所の収納のご相談をいただきました。

浴室が併設され、脱衣所兼、洗濯機がある洗面所の収納はキッチンと同じぐらいコンパクトに動線に合った収納が必要です。

特に洗濯のしかた、干し方でその場に必要なモノの量に伴い、収納も変わってきます。

 

脱衣はどこで行うか。

洗濯ピンチはどこに置くか。

どこで洗濯物を干すか。などなど。。。

新築収納コンサルティングの際にも、特に念入りにお打合せするところです。

 

こちらのお宅では、

洗濯機の上にハンガーパイプあり。

洗濯してすぐその場で洗濯ピンチにかける。(いつも2台使用)

ベランダの物干しへ持っていく。

という動線でした。

 

よく聞かれるのは洗濯ピンチの収納方法。

お客様のご希望によっては見せたくない、ということもありますが、今回のケースは、「毎日のことなのですぐに使えるようにしたい」というご希望で打ち合わせの結果、下記のように使用することになりました。

 

ジャストサイズの位置に、垂直にL型のフックを。

 

 

これもひとつの「ノーリング収納」かもしれません。

家の中でも取り入れられるノーリング収納メソッド、キッチンやリビングなど壁や引出の中を利用するとまだまだありそうです。

しまう収納と見せる収納、両立して混雑しないスムーズが暮らしができるといいですね!

 

 

イランから学ぶ収納【クローゼット】

ちょっとだけシリーズ化して書いておりますが、今回はイランのクローゼットを。

イランは日本と同じように、玄関で靴を脱いで部屋で過ごしますので、寝るときは布団を敷いて寝ます。

ベッドで寝る家ももちろん多いです。

来客が多いイランでは、来客用布団がしっかり用意されています。

日本の住まいでは、ときどき、押入れいっぱいにお布団を入れているお宅を拝見しますが、逆に考えると、来客の少なくなった日本の家族には、あまり来客用布団が必要ないお家もあるかもしれませんね。たま~~~に、ならば、レンタルという手もあります。

 

戻りまして、イランのクローゼット横にはだいたい押入れのようなスペースが確保されています。

その入れ方がとてもスッキリと綺麗。。。

2015-04-24-18-08-08

 

日本の押入れのような中棚はないのですが、ぴっちりと積み上げられ、必ず布で覆うのですね。

イランではいつでも、泊まっていって~~~という感じでした。

そして、泊まることがココロを許した証のように喜ばれます。

 

お隣のクローゼットはこんな感じに。

2015-04-24-18-08-54

お布団の入れ方と比べるとその差はなぜ??というぐらい、下のほうはかなり押し込んでいますが・・・。

入れ方は置いておいて、これでご夫婦二人分です。W1800ぐらいでした。

プラス、W800×H900ぐらいの引出がひとつ。

どのお家もこのぐらいの量で納まっていて、外に出ている服などはありませんでした。

リビング・ダイニングは広々としています。

 

子供部屋はこんなに雰囲気を作りこんで。


小学生低学年の女の子二人のお部屋です。

クローゼットはこれだけ。W800ぐらいでしょうか。


 

やっぱり詰め込んでますが(笑)、でも内容はすべて把握している様子でした。

おもちゃ類もムダに多くは持っていません。

部屋にちょっと出ているぐらいと、このクローゼットの下部に少しあるぐらい。

どちらかというとなんでも買ってあげるほうの家族でしたが、溢れる出ているようなことはありませんでした。

 

「そこは開けちゃダメ~~~!」みたいな雰囲気はまったくないので、今、押し込んだものというわけではなく、おそらく細かなことを気にせず、ざっくりとした収納のほうがストレスがないようです。

細かく分ける、という感覚はあまりないようで、あるとき私のトランクの中を見たとき、

これは化粧品、これは下着、これはドライヤー、とそれぞれを袋に入れたり小分けにしている様子を見てびっくりしていました。

 

お布団の収納と衣類クローゼット収納の差のように、滞在中はときどき「え~~~???ここはこうなのに、そちらはこうなの???」いう場面に出会いましたが、その差が面白くも感じていました。

 

イランへはまた、来春ぐらいに行く予定なので、

改めて写真を見て、次に行ったときには少し収納方法をレクチャーしてこようかな?と思います。笑!

 

書類管理のルール

8月もあとわずか、2016年の夏も終盤ですね。

それにしても台風の多い8月です。また大きな台風の予報がでていますね。

不要不急の外出はなるべく控えて、と言われますがなかなかそうはいかないものでしょうか。

でも、思いがけず家に居られるようであればじっくり書類の整理などいかがですか。

12

 

先日も収納サポートにお伺いしたO様、書類整理が課題の1日作業でした。

書類整理は衣類や収納庫などの整理と比べ、かなり地道な作業なので成果が小さく見えて達成感が低いかもしれません。

でも、溜め込んでいる方ほど、その後のすっきり感が高まります。

O様もダンボール箱に6~7箱ほどの書類の山を抱えていました。未開封の郵便物や領収書、参加したセミナーやチラシ・・・などなど。

その山は1日かけて、A4のFileBox 6個に分類できました。

大分類はこんな感じに。

 

「保険・年金・税金」

「医療関係」

「家の管理書類」

「取扱説明書」

「学び」

「すぐに処理」

 

この、「すぐに処理」の分類FileBoxはとても重要です。

理由があってすぐに処理できない書類や期日まで保管しなくてはならないものなどはここへ。

そしてここは絶対に滞留させないこと!

「毎週日曜日の朝はチェックする」とか、「毎晩、見直す」などその量によってルールを決めて、それを守ることが大切です。

 

書類管理のポイントを挙げておきますね。

◇溜め込まない

・・・郵便物はその場で処理

毎日のように家のポストには郵便物やチラシ、広告カタログなどが入ってきます。

それをその場で処理をしないことで、テーブルなどに平置きになり、スペースを浸食してしまう。。。

手にしたそのときに、処分できるものと必要なものに分けることを「習慣」にする必要があります。

そのためには併せて、開封する場所近くに開封しやすく、捨てやすいしくみを作っておくことも必要です。

 

◇持ち込まない

・・・チラシやパンフレットは極力もらわない

今はインターネットであらゆることが検索できます。

必要と思ったら、写真に撮って情報を保管したり、その場で検索したり、スケジュールにすぐに書き込んだりすることができるといいですね。

我が家の玄関を通るものには、たとえ紙1枚たりとも厳しい目で向き合う、ぐらいな気持ちでいる必要があります。笑!

 

◇平置きしない

・・・書類は積み上げないこと

なるべく書類は「立てておく」ことがポイントです。

積み上げるほど探しにくくなり、そのうち雪崩がおき・・・なんてお宅も拝見します。

引出にぎっちりと重ねて入っていたり、もしばしば見られますが、下にあるものは内容もほとんどわからないことに。

平置きは管理しにくくなります。

 

◇行先をつくる

・・・必要な書類を保管しておくシステム作り

FileBoxでクリアファイルなどに分類して保管するのか、ファイリングするのか、手間と頻度を考慮して自分に合ったシステムを構築することができると、そのあとが断然、楽になります。

保険や年金など、封書で送られてくるものは広告や説明が多く入っていて、結局必要な書類は1枚だけ、ということがほとんどです。そして、定期的に送られてくるものはファイリングシステムに従って差し替え、アップデートすれば書類が増えていくこともありません。

 

初めての就職先で事務職についたとき、オフィスのシステマチックなファイリングに感動しました。

見積→請求→発注書→納品

単純なこの書類の流れ、ペーパーレスになった今のオフィスでは無いのかもしれませんが、誰もがわかりやすく(←これ大事!)とても大切なしくみであったと思います。

家にも置換えられますね。効率のよい行先がしっかりとできていれば、滞留することはありません。

 

そして最後には分類したFileBoxを保管する場所が重要です。

O様のダイニング横には、ほとんど使っていないモノが溜まっているいい収納がありましたので、その中をほとんど処分してすぐに取り出しやすい位置に棚板を移動して書類管理のスペースに。

あってよかった~~と思う収納場所でした。

収納する場所がない場合には置家具などで補助する必要がありますが、新築やリノベーションの際には造作しておきたい場所ですね!!やはり、しっかりとした収納計画が必要なのです。

 

溜まってしまった書類整理は根気のいる作業です。O様、よく頑張りました!

 

収納庫内の棚板の使い方

こんにちは、収納家具とインテリアで快適住まい作りをお手伝いするすずくりです。

先日、お伺いさせていただきましたA様、新築分譲マンションにお引越しされて1年ほど経過されていらっしゃいました。

マンションの収納はどのような方にも対応できるように、ざっくりとした収納がときどき見られます。

それゆえ、何を収納したらいいものか、悩まれることも多いようです。

リビングに奥行60cmほどの収納、クローゼットサイズの奥行なので、何を入れていいものか迷いますよね。

どうしても何かを入れると物が前後になってしまって、日が経過するにつれて奥に何を入れていたかわからなくなってしまう・・・なんてことも。。。

棚板の奥行がある分、棚受けは奥・中・手前の3か所に棚受けダボ用の穴が開いていることが多いので、それを活用することもいいかもしれませんね。

すべての棚板が60cmぐらいだとこんな感じでしたが、

2016-03-16 17.13.49

一部の棚板を30cmほどにして中間棚を用意すると、こんな感じに収納できます。

2016-05-12 12.28.24

手前はいざというときの逃げ場にしておいてもいいでしょう。笑!

リビングには日々の生活の物や家族の物が溢れがち。

急な来客やお夕飯のとき、お休みになられるときに、パっと片づけられるスペースを設けておけるといいですね。

棚を増やしたり、減らしたりしながら「収納の仕方」を変えると、収納量はグっと変わりますよ。

お部屋とダイエットの関係

こんにちは、収納家具とインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

今週末にはいよいよ4月。桜も満開を迎え、気持ちよくスタートができそうですね

3月~4月はお引越しシーズン&季節もよいのでご依頼がいつもより多くなります。

先日お伺いしたS様。(とっても働き者のブラジルの方です。)

3年前に一度ご依頼をいただいて、とても深く印象に残っておりました。

「半年前にお引越ししたのですが、自分ではやっぱりできなくて・・・」とご連絡をいただきました。

以前よりも広いお部屋にお引越しをされ、収納もとても充実しています。

一見、収納の中には納まっているので、綺麗に見えるのですが、一か所ずつ見ていくとまったく配置がバラバラ。。。

いろいろなところに点在したり、混載されたりしていますこのままでは危険なゾーンに入ってしまうう・・・

「すずくりさんに来てもらってから、前の家はずっとキープできたのよ。ずっと綺麗になっていたのよ。マメに動いたし、すぐに元に戻せたし、掃除もよくしたの。私もすごく痩せて綺麗になったのよ。」

「でもね、この家に引っ越してから13kg太ったの・・・」

た、確かに・・・ちょっと大きくなられたかしら

広くなったお部屋にはランニングマシーン、エアロバイク、腹筋を鍛えるあの器具、話題のジムの入会証・・・・

ダイエットするための外的要素が家にはたくさんありました

でも、ご本人自ら気づかれた様子。


原因はこの家にあるのかも・・・・。

生活・暮らしとはモノを出したりしまったりの繰り返し。

スッキリとしたお部屋になると、動作が変わってきます。さらに元にもどしやすい環境を作ってあげれば、億劫さもなくなり、モノが出ている状態がイヤになり、気づくと機敏に動くようになって維持できるようになってきます。

今回も、家の中の余計なモノを取り除き、S様の収納ルールを作り、ベッドの配置を変え、よどんだ空気のお部屋が一掃されました。

S様の表情もみるみる変化

やはり、「お部屋とダイエットの関係」はとっても深いのか、と再認識したのでした