ビフォー&アフター 【目黒区O様邸】

先月、リフォームが完了しましたO様宅にて、カメラマンの方に依頼をして撮影に入らせていただきました。

とても素敵に撮影いただいたので、施工させていただいた箇所を記録としてこちらにも残しておきたいと思います。

 

【リビング】

 

↓↓↓

 

ご依頼のきっかけとなる最大のお悩みであった換気扇はマリメッコの壁紙を貼ったパネルの裏に。

エコカラットと棚を組み合わせて、通気を確保しつつ、いつでも目隠しができるようにしました。

 

 

【窓周り】

↓↓↓

カーテンをシェードにするだけでも、とても軽やかになりました。

 

【寝室】

  ↓↓↓

 

【トイレ】

↓↓↓

比べるとその違いが明確ですね・・・。

 

【玄関三和土】

↓↓↓

 

O様からのご感想もいただきました。

「暮らしていて『ちょっと気になる』ところが改善されて本当に良かったと思います。

リビングのエコカラットと棚の設置は自分では絶対に思いつかなかったですし、カーテンからシェードに変えてすっきりとしてとても良かったと思っています。

当初の予算よりオーバーしましたが、仕上がりにはとても満足しています!」

 

他にも網戸を取り付けたり、キッチンパネルを新しく入れたり、ソフト巾木を木の巾木に変えたり、ドアやドアノブを交換したり、と細かな部分も美しくなりました。

お写真からも見てとれるとおり、とてもホームステージングされましたね!!

O様、ありがとうございました!

 

suzukuriでお願いしているカメラマンさんもとても好評をいただいております。

ホームページや施工写真は3名の方々に撮影いただいています。

お好みの雰囲気のお写真がございましたら、ご紹介もさせていただいておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

~*~片付く間取りと収納家具、収納コンサルティング・壁面収納・ホームステージングは下記からご依頼ください。~*~

http://www.suzukuri-k.com/

 

ずっと迷っていました。【新宿区 M邸】

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

昨日は【新宿区 M邸】へ壁面収納の納品に伺ってまいりました。

1ヶ月前ほど前に最終打合せを終え、なんとか年内納品が間に合いました。

【Before】

【After】

カーテンもオーダーをいただいておりましたので、こんな感じに。。。

【Before】

【After】

【Before】

【After】

Beforeのカーテンは色は明るめなのですが、生地のボリュームもたっぷりで少し横のたまりも重め・・・・

すっきりと光沢のあるブルー系の生地にふんわりとした印象のフロントレースを合わせました。

色は落ち着いた色なのに、以前よりも明るくなった印象です

お住まいになられて10年が経過し、最初に揃えた家具を買い替えたいとずっと思っていらしたそうです。

壁面収納にしたいけれど、どのようにオーダーしていいものか、またどんな組み合わせにしたらいいものかと、ずっと迷われていらしたとのことでした

入れる物や暮らし方を想定してプランニング

これまでなかった収納部分も増え、そこにはこれから何を入れようかとても楽しそうでした

年内にすっきりと納まってよかったですね

今年もあとわずかとなってまいりましたが、明日は御殿場へ~~~

よい年をお迎えいただけますように、頑張ります

Joyeux Noel !!

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです

皆様、どのようなクリスマスをお過ごしですか?

クリスマス気分が終わると一気に年末&お正月の準備ですね

でも今年は3連休が明けてからのクリスマスだったので、なんだか街を見ているとずっとクリスマス気分でしたね

お客様へクリスマスカードを書いたり、年賀状の準備をすすめていたりすると今年を振り返るよい機会だなあ、と思います。。。

おひとりおひとりを思い浮かべながら、住所を書き、一言添える時間は1年の中で、とても大切な時間です

メールばかりで手書きのお手紙が少なくなってしまった昨今、やっぱり手書きがいいですね

12月は、すずくり史上(・・・まだまだ短いですが)もっとも多くの新しいお仕事をいただき、うれしい出会いのある1ヶ月でした

あと、1週間ほどで新しい年を迎えますが、ギリギリまでひとつひとつしっかりとお仕事を仕上げていきたいと思います

モノ視点で考える家づくり

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

先日、専門家サイト「allabout Profile」よりこんなご相談をいただきました。

「現在の家は8LDK、部屋数を半分以下に減築リフォームを考えています。部屋数が多いことを幸いにモノが溢れる生活をしています。可能な限り処分する予定ですが、いったいどのくらいのモノが必要なのか、また、それらを収納するために必要なインテリアはどのくらいなのか、まったく見当がつきません。
そのようなときはどなたに相談すればいいのでしょうか?」

まさに、私たち「住空間収納プランナー」はそのようなお悩みをかかえる方のためにあるのです

以前、片付けを依頼されたことがあるそうなのですが、ひたすら捨てることを求められ、嫌になってしまったとか

世の中では「捨てる」=「いいこと」のような風潮がありますが、確かに余分なモノをそぎ落とす必要はありますが、おひとりおひとり、大切にしたいものの内容は異なります。

より快適な住まいに改善されるご新築やリフォームの際は、それらを見直し、持っていたいモノに対してどのくらいの収納が必要なのか、設計の段階から組み込むことが必要です。

世界でもワースト3に入るほど、住まい広さとモノの量のバランスがよくないとされる日本の住宅事情

「収納」をキーワードに、「このぐらいの収納があれば大丈夫だろう。」と収納率*だけで配置されている新築図面をここのところよく見かけます。(*家の総面積に対してどのくらい収納があるか。)

果たしてその収納率は本当に効率のよい収納スペースなのか、大容量なだけではないか、それを見極めることも必要です。

でもなかなか図面を見慣れていないと、発見するのは難しい

持ち物を把握して住まいに反映させる、行動動線に合った収納設計をする、それも私たちの仕事です

収納をインテリアコーディネーターが提案すると・・・。

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

先日、インテリア産業協会で開催されましたセミナーに参加してまいりました。

「収納をインテリアコーディネーターが提案すると・・・。」というタイトル、業界の収納に対する関心の高まりがうかがえます。

「収納コンサルティング」という業界の現状と、ユーザーのニーズ、その上でインテリアコーディネーターとしてどのようなことができるのか、という内容でした。

現在、大きく分けると下記の6タイプに分かれるそうです。それぞれの特徴を話されていました。簡単にまとめると、、、

■ハウスクリーニング業 ・・・ 掃除しやすい片付け

■引越し・倉庫業 ・・・ とにかく片付け

■生活経験者 ・・・ 子育て経験を活かしたアドバイス

■ファッション ・・・ クローゼット中心に着こなしまでアドバイス

■事務職経験者 ・・・ 家族の書類など、ファイリング中心

■建築・リフォーム ・・・ 間取りから考える家づくり

インテリアコーディネーターとして収納に絡むとするとやはり最後の「建築・リフォーム」の住宅視点になります。

確かに、家を建てた方の不満足度調査では、30年間も不動の1位は「収納」というデータもあります。

しっかりと自分の持ち物がどのくらいなのか、何に困っているのか、どのような暮らしをしていきたいのか、それをきちんと建築の専門家に伝えることはなかなか難しいところです。

「ゼロから作る強み」と「機能美(デザイン)」

それを踏まえて、お客様の通訳を担うことができるの点が、「インテリアコーディネーターが提案する収納」である、というお話しでした。

また、すっきり片付いて、ちょっとインテリアを変えたい、などの要望にも応えられます。「負を除去した上で”ときめきを与えられる仕事」とも話されていました。流行りのキーワードに便乗ですが、これはなるほどと思いました。

ここのところ、家をお教室(サロン)にしたい(そのような方を「サロネーゼ」と言われるそう・・・)、というお客様からのご依頼も増えています

「人を招くことができる家にしたい」、この要望はとても多いです。そのためには収納に配慮した住まいづくりは欠かせないものになってきます。

そのような住まいづくりのお手伝いを、お客様と一緒に楽しみながらしていきたいですね