収納庫内の棚板の使い方

こんにちは、収納家具とインテリアで快適住まい作りをお手伝いするすずくりです。

先日、お伺いさせていただきましたA様、新築分譲マンションにお引越しされて1年ほど経過されていらっしゃいました。

マンションの収納はどのような方にも対応できるように、ざっくりとした収納がときどき見られます。

それゆえ、何を収納したらいいものか、悩まれることも多いようです。

リビングに奥行60cmほどの収納、クローゼットサイズの奥行なので、何を入れていいものか迷いますよね。

どうしても何かを入れると物が前後になってしまって、日が経過するにつれて奥に何を入れていたかわからなくなってしまう・・・なんてことも。。。

棚板の奥行がある分、棚受けは奥・中・手前の3か所に棚受けダボ用の穴が開いていることが多いので、それを活用することもいいかもしれませんね。

すべての棚板が60cmぐらいだとこんな感じでしたが、

2016-03-16 17.13.49

一部の棚板を30cmほどにして中間棚を用意すると、こんな感じに収納できます。

2016-05-12 12.28.24

手前はいざというときの逃げ場にしておいてもいいでしょう。笑!

リビングには日々の生活の物や家族の物が溢れがち。

急な来客やお夕飯のとき、お休みになられるときに、パっと片づけられるスペースを設けておけるといいですね。

棚を増やしたり、減らしたりしながら「収納の仕方」を変えると、収納量はグっと変わりますよ。

綺麗になると汚せない・・・【横浜市 F邸】

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

今日は先日も作業に入りました【横浜市 F邸】へ収納サポートに伺ってまいりました。

もともと収納を活かせていないだけであまりモノは多くなかったので、思っていたよりも短時間で終了ご夫婦もとっても協力的

先日の作業から2週間ほど経過していましたが、衣類などもまったく乱れていませんでしたエライ

「すっきりと綺麗になると、汚したくなくなりますね」、と奥様

【Before:収納庫】

【After:収納庫】

よく使うものを中心に取りやすく配置。

奥行半分の棚板を用意して、前後のスペースを活用しました。背の高い大物もしっかり入り、奥のものも見やすくなりますね

【Before:キッチン】

【After:キッチン】

すっかり何も出ていない状態になりました!

【Before:キッチン背面】

【After:キッチン背面】

冷蔵庫や食器棚の上もスッキリと。

【Before:押入れ(ご主人衣類)】

【After:押入れ(ご主人衣類)】

引き出しを入れて収納力UPです。

お部屋にはクリスマスの装飾が綺麗でした

まるで入居のときの状態に戻ったみたい~~と仲良しなお二人はとても喜んでくださいました

収納はあるけれど、活用できていないお家はよく見られます。

必要な場所に必要なモノを置くために、ちょっとの工夫で変えられますよ~

押入れ収納の形はいろいろです。【新宿区 S邸】

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

先日はブラジル人の一人暮らしの女性のお宅に収納サポートに入らせていただきました。

物は多くないのですが、カウンセリングの際には、押入れなどの収納部分をどうしたらいいのかわからない、引っ越してきたときのダンボールがそのまま入ったまま。。。なんとかしたい!とのことでした。

片付けていると、DMや書類がいろいろ出てきます。

日本語はペラペラですが、漢字は少しわからない様子で、書類整理も一緒に行うことになりました。

確かに。。。

年金や保険、クレジットカードなどの契約・・・わかれば判断できるものも、わからなければ捨てていいかどうかもわかりませんよね。。。

当たり前のことですが、ふと改めて、新鮮な気持ちで作業をさせていただきました

【押入れ Before】

高さをどのように使ったらいいのかわからない収納は多いですね。(セミダブルの来客用布団が立つほど・・・。)

もちろん、トランクも洋服の後ろにしっかり入りました

【押入れ After】

お仕事も恋愛も生活も力をめいいっぱい注ぐ頑張り屋さんです。

ベッドリネンやカーテンも一新されて、「仕事に行きたくないくらい、ずっとこの部屋にいたい、と思う快適なお部屋になりました!」とメールをいただきました

キープしていただけたらうれしいです

物置ロフトが部屋になりました。【藤沢市 K邸】

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

先日、【藤沢市 K邸】の作業最終日にお伺いしてきました。

最後の難関、ロフトの片付け作業です。

屋根裏やロフトは、すぐには使わないけどとっておきたいもの、季節のもの、などが集結してきます。

「大容量の収納があるから大丈夫!!」と思いがちなのですが、果たして「有効的な収納」であるかは疑問に感じる場合もあります。

片手で荷物を持って降りる危険な階段や、座った姿勢でしか動くことのできない天高。。。。生活してみるとなんだか不便で億劫で上がらなくなってしまうことも多いようです。

幸いにもK邸は、しっかり階段もつくり、人も立てるほどのきちんとしたお部屋のようなロフトになっています。

最初が肝心なので、しっかり収納を考え、モノで溢れる物置状態にはならないように片付けていきました。

【Before】

【After】

主にはアルバムや子供の作品、手紙、などの思い出のモノたち。

真ん中にスペースをあけておけば、ちょっと思い出に浸りたいときなど、ひっそり籠るのもいいですね

収納は将来のことを考えて8割に。まだ入る余地がありますので、これからお子様たちのものが増えてきても入れることができるようになっています。

有効的な収納スペースになりました

すっきりと片付いたら、見せる空間を・・・。【武蔵野市 Y邸】

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

先日の【武蔵野市 Y邸】のリビングの仕上げに、少しディスプレイをしてまいりました。

思い出のシルバニアファミリーを飾りたい&猫ちゃん2匹が乗って遊ばないように、落とさないほどの重さのあるもので。。。というご希望のみで、あとは自由にディスプレイさせていただきました。

【Before】

【After】

【Before】

【After】

すっきりと片付いたあとには、お気に入りのモノたちが映えるようなディスプレイを楽しむことができますね