取材記事が掲載されました【HowScope】

先日、ブログでもご紹介しました「大和市K様邸」の様子が3回にわたって掲載されました。

収納に加え、間取りやインテリアにかかわるご相談も承っておりますが、実際にはどんなことをしてもらえるのかわからない方も多いのかな~と思います。

そのあたりのことを、ライフスタイルマガジンHowScopeさんが詳しく取材してくださいました。

どんなことをする人? 打ち合わせに同行インテリアコーディネーターという仕事(1)

「壁紙を変える」というきっかけインテリアコーディネーターという仕事(2)

理想のゴールを共有するためにインテリアコーディネーターという仕事(3)

 

記事中にビフォアの様子がないので、もともとはどんな感じだったかな~~と思われる方もいらっしゃるようです。

こんな感じでした。

 

 

家具の使い勝手や配置にも悩まれていらっしゃいました。

配置を変えたり、壁紙やカーテン、使用するファブリック類を変えるだけでも、お部屋の雰囲気が全く違ってきます。

間柱がでていて、和室に近いような日本の住宅らしいお部屋にどのような壁紙を合わせるか、家具の色はどうするか、バランスを見出すことのハードルは高めでしたが、とても「調和のとれたセンス」を大切にされるK様にぴったりな空間となりました。

 

記事も是非、お読みくださいね。

今回、撮影と取材にご協力いただいたクボタ住建様、また、施行例などの撮影に全面協力をいただきました4RealDesign様に心より感謝いたしております。

ありがとうございました!!

 

イランより帰国しました。

お天気のよい週末、暑いくらいでしたね。

先月より2年ぶりにイランに滞在しておりました。

5月のイランは公園、街路樹など街中がバラに溢れ、いい香りです。

 

 

久しぶりに家族と会い、変わらない温かな歓迎を受け、日々親族の挨拶回りに行ったり来たり。

イランの方はとても美意識が高く、トータルインテリアにこだわるので、御宅拝見や外観・門扉や窓周りなど、住宅街を見て回るのも楽しいです。

 

 

 

 

しっかり観光も楽しみました。

世界遺産の宝庫でもあるので、首都テヘランの中心部にある「ゴレスターン宮殿」や、

 

大使館や高級住宅街のある丘の上に広大な敷地に、かつてイランが王制であったときのシャー(王)の栄華な暮らしぶりが見られる「サアダーバード宮殿博物館」など。

内装や家具、インテリア用品など、とても見ごたえがありました。

この「緑の宮殿」はイランでもっとも美しい宮殿と言われているそう。外壁はすべてグリーンがかった大理石でできています。

 

もちろん、お仕事も。

イランの家族にお願いして、住まい方や収納内部、生活スタイルなどを取材したり。

イランのキッチン

 

伺うお宅それぞれに、みなさんモールディングが素敵なので、

モールディング

 

モールディングの市場調査をしてみたり。

モールディング

 

6月に開催予定のセミナーなどでも、少しお伝えできたらいいな~と思っております。

 

instagram⇒suzukuri_42でもイランの様子をご紹介していますので、是非フォローしてみてくださいね!!

きっと未知の国イランを訪れたくなると思いますよ~。

 

これからをどう生きたいか。【大和市 K様邸】

少々大きなタイトルとなっていますが(笑)、春分の日も迎えたので少しおおげさに。。。

昨年よりご依頼をいただいておりましたK様。

お家が工務店をされているので、内装材などのセレクトをsuzukuriにてお手伝いをさせていただき、ご自身でリフォームなどもすべて終了し、オーダーいただいた家具などを無事に納めさせていただきましたので、先週、伺ってまいりました。

施工写真の撮影のためにカメラマンとともに。

そして今回はHowScopeさんの取材をお受けしているので、そのご協力もK様にお願いしておりました。

 

完成したお部屋はこんな感じに。(*カメラマンの写真ではありません。私のiPhoneにて)

 

 

壁紙はK様の雰囲気にぴったりなウィリアム・モリスの新作「ピュア・モリス(PURE MORRIS)」をセレクト。

 

悩ましかった和室の雰囲気を持つ柱やその色にもぴったり合いました。

イメージ通り!!

家具はチェストとデスク、ミラーを山形の工場でゼロからサイズオーダー。

こちらの色は赤味が強いかな、と少し迷いましたが、さすが毎日お部屋で過ごされているK様の好みに間違いはなく、こちらもしっくりと馴染みました。

・ナチュラルな子供っぽいインテリアは嫌かな。

・和室でも合う雰囲気にしたいわ。

・派手なものやモダンすぎるのも落ち着かないの。

ご提案する前にとてもわかりやすく、お好みを言ってくださるK様に感謝です。

取材の中でK様が、おっしゃられていたことにとても共感いたしました。

「この歳になると、老後への準備やいろいろで自分の部屋にお金をかけるなんて、と思う人もいるかもしれないけれど、私は今回のリフォームを、今、実行して良かったと思うの。毎日、ここで過ごす時間がワクワクと楽しみになりました。」とお話しされていました。(K様は60代の奥様です。)

家具などすべて納品されたときには、ご自身で選ばれた回転するドレッサーの椅子に座り、

「嬉しくて嬉しくて、クルクル、クルクルっと廻ってしまったわー。」とK様。

お部屋がリフレッシュされると気分も上がります。

壁紙を変えるだけでも、それは一つの壁だけを変えるアクセントクロスだけでも違ってくるのです。

これまでは寝るだけのための寝室だったそうですが、ここで過ごす時間も長くなりそうです。

人それぞれ、テンションが上がるポイントは異なりますが 、明日の活力につながるような部屋づくり、住む方がしっくりとくるインテリアのセレクト、私はどんどん応援したいです。

K様もブログに書いてくださっていました。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

クボタ住建「棟梁のお家訪問」

スタートしたときの様子はこちらからも。

 

ビフォーアフターは、HowScopeさんの記事とともに、また掲載させていただきますね。

 

~*~アクセントクロスや壁面デザイン・壁面収納はすずくりへ。下記よりご依頼お待ちしております。~*~

http://www.suzukuri-k.com/