【上海】間取りと暮らし

今回の上海を訪れる目的のひとつ、「上海の暮らしを見たい!」

お部屋を見させていただき、収納内部の写真まで撮影許可をいただいたK様、心から感謝です。

上海で一人暮らしをされているお部屋を拝見。

個々に独立したシェアハウスのような感じでしょうか。

部屋に設備が整っている部屋もありますが、共有の水回りスペースもあり、居住者のコミュニケーションの高さも感じます。

素敵な螺旋階段を上がります。窓がやっぱり気になる~~。大きい窓、いいですね!

窓の向こうにはちょっとしたバルコニーもあり、集う場所になっています。

こちらが玄関。

外付けの網戸にも鍵がかかり、夏は網戸で寝ても大丈夫そうな。

間取りはこんな感じ。

お部屋に入ったときに目を引いたのはこの天井!

ほどよい艶感とアンティークの照明との組み合わせも素敵♪

そして窓辺のちょっとしたスペース。

自然にコーナーに置かれている照明や、古時計の外側だけ、とか雰囲気よく醸し出しています。

キメキメすぎないゆるゆるとしたこの感じ、そして雑多にならないようにするバランスはハードルが高いものです。

こんなところでお庭を眺めながら、朝のコーヒーを淹れたい~~。

裏庭にはブランコも下がっているこんな感じの大きな木があります。

お庭から見た彼女の部屋。

彼女は洗濯モノは室内で干すようでしたが、上海の御宅の窓からは物干し竿を出している光景が特徴的でした。

ダイニングスペースも味わいのでているフローリングと相まっていい感じに。

もう、私は目がハート♡♡♡

バスルーム&トイレの入り口。その先には大きな窓のあるバスルームでした。

そしてメインの収納を拝見。

図面の右の部分。とても充実しています。

クローゼットというより「御仕度部屋」というような広さで、クローゼットそれぞれにも扉が付いています。

クローゼット部屋の入り口の扉が、これまたニクい。

奥には兼ドレッサーになるようなスペースもあり、下部はチェストに。

横幅1600ほど、奥行きは600ぐらいでしょうか。

クローゼットの扉を開けるとこんな感じに、内臓されたチェストとシューズ置き場があります。

昔のホテルなどにあった「コンパクティム」と言われる家具のような造り。

 

隣にはスーツケースなども入る収納があり、その横にはやはり引出内臓タイプの収納が。。。

書類や文具、ちょっとした細かなものが収納しやすそうです。

室内の内側からのドアノブ。

収納たっぷり、一人暮らしには比較的十分なスペースが確保されていました。

こんな味わいのあるアトリエのようなお部屋に住んでみたい。。。

住む方の個性を感じる素敵なお住まいでした♪

 

街を歩きながら、不動産屋さんの物件も見てみました。

 

やはり室内写真掲載の紹介がメインでした。

日本では間取り図面が中心で、広さや部屋数、バストイレ別などの機能面が紹介されていることが多いですが、こんな部屋に住みたい!と想像できるようなインテリアや内装重視なのかもしれませんね。

 

アジアならではのインテリア・収納・間取りを比較しながら拝見することができました。

今回のお部屋もそうでしたが、玄関からすぐにリビング。

解放感もありますし、防災面からもライフラインが消えたときにはとてもいいそうです。

そして収納事情を比較するのも面白い!!

なかなか収納内部の写真まで撮らせていただけないので、今回の写真はとても貴重なものとなりました。

海外の実生活が見られるのはとても勉強になります。

いろいろな国を旅して、御宅拝見するのが夢です。

K様、ありがとうございました!!

 

ラストは、「【上海】商空間デザイン」をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA