その美意識や世界観を体験する・・・インテリアショップ探訪

なんだか久しぶりのブログ更新となってしまいました。。。

みなさま、どのような夏をお過ごしでしたか??

残暑も厳しいようですが、体調には気をつけて終盤も乗り越えてまいりましょう。

 

少し前のことになりますが、先日、インテリア産業協会主催のARMANI CASAの勉強会に参加してきました。

なかなか一人でフラっと立ち寄りにくい空間なので、このような機会に感謝です。

世界で直営6店舗、アジア圏では唯一のショールームがこの銀座タワーにある店舗とのことです。

 

「ジョルジオ・アルマーニがクリエイトした夢の家」をテーマに、家具のみならず、壁紙やファブリック、オブジェ、インテリア小物も充実していました。

シンプルなエレガントモダン。

今でこそスタンダードな「グレージュ」(グレー+ベージュ)というカラー、その表現は20年前にアルマーニ氏によって考案されたそうです。

 

アルマーニカーサ銀座

 

アルマーニカーサ銀座

 

竹がモチーフの壁紙や、小物には刀の栂のデザインを取り入れていたりなど、和のイメージもできるようなデザインが随所に見られました。

ホテルの設えを意識した小物も多いように感じました。

アルマーニカーサ銀座

 

アルマーニカーサ銀座

 

ピリっとした洗練さと機能性、シックで落ち着いた色展開、伝えたい個性と理想の空間が表現されています。

デザイナーの美意識や世界観は画像だけでは伝わりきらないもの。

なんとなく模倣しても、こだわりやセレクトした材質が集合したとき、空間にしたときの調和や完成度には大きく差がでるものです。

本物に触れ、見聞きして、体験して、自分の振り幅をもっともっと広げていきたいな、と思うこの頃です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA