客観的に見てもらえるので・・・壁面収納相談

昨日の暑さと集中豪雨から一転、今日は8月の始まりとは思えないような過ごしやすいお天気ですね。

先日、ご新居に設置される予定の壁面収納のご相談のため、ご自宅にお伺いしてきました。

お引越し予定の都内の新築マンションにTVボード兼壁面収納をご検討中。

数社から見積を取っていらして、どちらも気に入っている部分とこうだといいのにな、と思うところがあって悩ましくて、とご依頼をいただきました。

画像は先日お伺いしたCUUMAさんの壁面収納。文章とは関係ありません。

 

お伺いして図面を拝見し、ご自宅の収納内部も拝見させていただきます。

新居へ持ち込む予定の家具や収納したいと考えているモノ、減らす予定のモノ、図面上での生活動線などなど、考慮してご新居の図面上に配置してアドバイスをさせていただきます。

また、壁面収納の使い勝手として、オススメできない配置や高さ、内寸法が図面にでていれば必要な収納の内寸などもお伝えしています。

そして、ときには「この収納は必要ないのでは・・・?」というお話をする場合もあります。(メーカーさん、ごめんなさい。)

 

先日お伺いしたお客様が「メーカーにもどこにも属せず、独立しているので客観的な意見をいただけると思ってご相談しました」と言われていて、なるほどそうだな~~と思いました。

以前は所属している会社の家具やカーテンを売るためにコーディネート販売をする場面が多かったのですが、独立をしているのでよりお客様側に立ち、ご要望に対するもっともクリアでベストなアドバイスができます。

決めきれずに誰に相談してよいかわからず、悩んだまま今になっています。。。というお声もよくお聞きします。

第三者にちょっと後押しをされるだけで、その先には快適な暮らしが待っているかもしれませんよ~~。

 

suzukuriでは、これまでの経験をもとに、インテリアコンサルタント&住空間収納プランナーの「モノからの収納視点」を加えてアドバイスもいたしております。(*もちろん、ご注文も承っております。)

どうぞお気軽にお問合せください。

http://www.suzukuri-k.com/furniture.html

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA