これからをどう生きたいか。【大和市 K様邸】

少々大きなタイトルとなっていますが(笑)、春分の日も迎えたので少しおおげさに。。。

昨年よりご依頼をいただいておりましたK様。

お家が工務店をされているので、内装材などのセレクトをsuzukuriにてお手伝いをさせていただき、ご自身でリフォームなどもすべて終了し、オーダーいただいた家具などを無事に納めさせていただきましたので、先週、伺ってまいりました。

施工写真の撮影のためにカメラマンとともに。

そして今回はHowScopeさんの取材をお受けしているので、そのご協力もK様にお願いしておりました。

 

完成したお部屋はこんな感じに。(*カメラマンの写真ではありません。私のiPhoneにて)

 

 

壁紙はK様の雰囲気にぴったりなウィリアム・モリスの新作「ピュア・モリス(PURE MORRIS)」をセレクト。

 

悩ましかった和室の雰囲気を持つ柱やその色にもぴったり合いました。

イメージ通り!!

家具はチェストとデスク、ミラーを山形の工場でゼロからサイズオーダー。

こちらの色は赤味が強いかな、と少し迷いましたが、さすが毎日お部屋で過ごされているK様の好みに間違いはなく、こちらもしっくりと馴染みました。

・ナチュラルな子供っぽいインテリアは嫌かな。

・和室でも合う雰囲気にしたいわ。

・派手なものやモダンすぎるのも落ち着かないの。

ご提案する前にとてもわかりやすく、お好みを言ってくださるK様に感謝です。

取材の中でK様が、おっしゃられていたことにとても共感いたしました。

「この歳になると、老後への準備やいろいろで自分の部屋にお金をかけるなんて、と思う人もいるかもしれないけれど、私は今回のリフォームを、今、実行して良かったと思うの。毎日、ここで過ごす時間がワクワクと楽しみになりました。」とお話しされていました。(K様は60代の奥様です。)

家具などすべて納品されたときには、ご自身で選ばれた回転するドレッサーの椅子に座り、

「嬉しくて嬉しくて、クルクル、クルクルっと廻ってしまったわー。」とK様。

お部屋がリフレッシュされると気分も上がります。

壁紙を変えるだけでも、それは一つの壁だけを変えるアクセントクロスだけでも違ってくるのです。

これまでは寝るだけのための寝室だったそうですが、ここで過ごす時間も長くなりそうです。

人それぞれ、テンションが上がるポイントは異なりますが 、明日の活力につながるような部屋づくり、住む方がしっくりとくるインテリアのセレクト、私はどんどん応援したいです。

K様もブログに書いてくださっていました。

こちらからどうぞ。

↓↓↓

クボタ住建「棟梁のお家訪問」

スタートしたときの様子はこちらからも。

 

ビフォーアフターは、HowScopeさんの記事とともに、また掲載させていただきますね。

 

~*~アクセントクロスや壁面デザイン・壁面収納はすずくりへ。下記よりご依頼お待ちしております。~*~

http://www.suzukuri-k.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA