材質から溢れでる価値

一昨日は大和市 K様邸の最終のお打ち合わせでした。

K様のセンスが私も好きなので、好みの傾向も絞りやすくてスムーズでした。

2016-10-30-12-43-05

セレクトしたウィリアムモリスの壁紙。

2016-12-01-10-26-51

家具の色。

今回はチェスト、ドレッサー代わりのコンソール、ミラーをオーダーで製作します。

明るめの家具をオススメしていましたが、少しこどもっぽくなってしまうのでは?とチェリー材を使用した中間色を選ばれました。

シェードは麻素材を含むファブリック。

2016-12-01-10-59-59

最終的な組み合わせはこちらに。

 

K様の雰囲気にぴったりなオトナな組み合わせになったと思います。

設置は来年になりますが、仕上がる空間が楽しみです。

 

丁寧なモノ選び、こだわる材質や思い入れ、特に写真に撮影したときにその差は歴然と出てくるように思います。

衣食住にかかわるすべてにfastなものが蔓延していますが、使用する材質から溢れでてくるエネルギーや価値があることも私は尊重していきたいな、と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA