マンションの収納事情

こんにちは、オーダー収納家具とインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

先日、収納設計のご依頼をいただきましたT様、

2013年に岩手にお住まいでいらしたときに、東京へお引越しをご予定されていて、岩手県内のお住まいまでお伺いさせていただいたときからのお付き合いです。

現在、東京都北区のマンションにお住まいですが、新築マンションのご購入が決まり、再びご依頼をいただきました。

3年ぶりにお宅にお伺いしましたが、キチンと片付いていましたよ~。

前回は「お引越しサポート」もさせていただいたので、すべてのモノの把握~収納のしかたまで、しっかりとフルサポートさせていただきました。

「すずくりさんに依頼して、家具やモノの配置も決めていただき、とても楽でよかったので今回もお願いしたいと思いました!」と泣けるほど嬉しいお言葉。。。

今回は新築分譲マンションですので、「収納設計」からスタートです。

ファイル 2016-03-15 11 52 03

現在のお住まいのモノを、どこにどのように収納するか、また、建築オプション段階であれば、マンションでも間取りに手を加えられますので、あれこれ検証しながら進めております。

マンションオプション会のお仕事もさせていただいているので、最近のマンションの間取りや設備もよく拝見します。

マンションもキッチンのパントリーや玄関収納に加え、廊下スペースに収納が多めに用意されている物件も多く見られて、工夫がされているな~と思います。

梁や柱などで限界はありますが、気に入られて購入を決められた現状を活かしつつ、より暮らしやすい間取りになるようにあれこれ動かしてみています。

このようにライフスタイルの変化に伴ってご依頼をいただけますと、モノの把握や家族構成の変化にも対応できているのでプラン作りもとてもスムーズです。

家を所有するときには図面を解読するのは見慣れていないと難しいかもしれません。

セカンドオピニオンとして客観的に見られる立場も必要ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA