北欧インテリア探訪~その2 チェア編~

こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

引き続き、北欧で見てきたインテリアを。。。

今回はチェア編です。

アルネ・ヤコブセン 「ANT CHAIR(アントチェア=アリンコチェア)」

アルヴァ・アアルトが1969年に設計を手掛けたという、アカデミア書店のカフェにて。(これ以外の椅子はアアルトのデザイン)

Artek(アルテック)のウィンドウ、アルヴァ・アアルトのチェア

ムーミン仕様。

Jean Prouve(ジャン・プルーヴェ)もカラフルに

Piet Hein Eek(ピート・ヘイン・イーク)のテーブルとPanton Chairの組み合わせ

同じく、Piet Hein Eekのチェアも。

アルテック内のvitra社のラインナップ。(2013年、アルテック社はスイスのvitra社に買収されたとか。。。)

Kartell(カルテル)にも立ち寄り、あのウィンザーズチェアはSALEになっていました。

新鋭デザイナーの椅子たち。

身体をあずけられる心地よい座り心地

日本でも見られるものがほとんどですが、街中や歩いて10分圏内に見どころはたくさん

チェア好きにはたまらないでしょうね!!

ちょっと、デザイナー色の多い写真ばかりになってしまいましたが、それだけ椅子のデザインは奥深い。。。

背もたれの傾斜角度をたった1度変えただけでもデザインは変わり、座り心地に影響してくる、と家具デザイナーから教えていただいたことがあります。

座があり、脚があり、ときに背があるこの単純な造りに、いかにデザインと座り心地と機能性を携えるのか。。。

ロングセラーになる椅子には訳があるのだと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA